カブフェスでした!

0
    こんばんはー
    酔っ払い宮本です。
    今年は本公演が7月と遅かったので、あっという間にカブフェスの準備で、本番で、あれよあれよともうあのフェスから1週間以上が経過してしまいました。

    はやいなあ。

    今年は32団体!
    すごい熱気に盛り上がり、ヒトの波でした。


    宮本は今年3作品に携わっていました。
    本番に追われる2日間だろうなあと思ってはいたけれど、1団体くらいはなんぼ言うても観に行けるやろーと思っていたら、笑ってしまうくらい全然そんな暇なくて。
    びっくりしました。
    いや、ほんとびっくりしました。。

    だから大書院で売られていたダンゴムシも可愛いアイスも加藤さんの裸も忽那さんの裸も何も観ることはできなかったのですが、でもその分すごく濃くて実りある時間を過ごせた嬉しみも。


    ということで、わたしが関わった作品の話をここではしたためておこうと思います。。


    ●「アイ、29歳」@マエカブ

    初演は2016年。
    坂出の沙弥島はカブコレにてでした。
    あの時は27歳だったのかな?
    今でも団内で使用されるアホっぽい「いーよ!」を言ってたのはローテンションでハスキーなよりでした。
    天真爛漫キャラに相当苦労していたのを今でも覚えてます。
    同じ年の夏には城南小学校で再演。
    この時は当時29歳のこだまさんが主演。
    この時くらいに、29歳、という年齢に少し感じるものがあったように思います。
    いろんなところで言っておりますが、私が今回のアイ29をやりたいと企画したのは
    「29歳のうちにアイ29をもう一度やりたい」
    というネタみたいな気持ちがずっとあったから。
    でもよく考えると29歳って、すごく微妙な年齢だなと思うのです。
    30歳を迎えた今はもう苦悩の20代はリセットされたような気持ちすらしているのですが、個人的に29歳の1年は実は結構キツかった。
    仕事できちんと地位が確立してるわけでもない。
    恋人がいるわけでも結婚してるわけでもなくて、子供もいないけど年齢はもう大台目前。
    ただ演劇が好きでそれだけにはがむしゃらで、でもそれだけしかないような気もして。
    自分としてはそれで自分を肯定できても、29歳の人として、女性として、これでいいのか、というような焦りはやはり凄まじくあった一年だなと思います。
    私は3回ともアイ役はしなかったけど、ある意味すごく、アイに自分を見ているところはありました。
    だからこそ、毎回アイを励ます周りのキャラクターでいられて良かった。
    とまあ、そんな風にも思います。


    ●「四谷怪談」@ユニット「四谷怪談」
    一言で言って、楽しかった!
    脚本藤井みなの時点でワクワクしかないのですが、その作品に綺麗に堕ちた座組みでしたね。
    ホラー、花びら、仮面、和装、お耽美、殺陣、全員クズ。
    全ての要素が大好きだった。

    あの一部になれてよかったです。





    ●「クズを決める」@劇団あおきりみかん
    これですよ。
    各県それぞれから役者がキャスティングされ、カブフェス1日目の本番の間に稽古。
    2日目に本番という企画。
    脚本・演出
    鹿目由紀(名古屋:劇団あおきりみかん)
    出演
    松井真人(名古屋:劇団あおきりみかん)
    松島寛和(高知:劇団シアターホリック)
    三上雄大(広島:劇団Tempa)
    宮本はるか(香川:株式劇団マエカブ)
    台本は先に頂き、セリフを入れて1日目、顔合わせ。
    簡単に打ち合わせ、本読み。
    ニュアンスを擦り合わせながら読み。
    本番のため解散
    再び合流。
    雨のそぼ降る被雲閣近くの東屋にて稽古。
    ちょっとずつ動く。
    さくらんぼ挿入箇所決め。
    本番のため離脱。
    カブフェス1日目終了。
    関係者中打ち上げ。
    中打ち上げ途中離脱して稽古。
    段取り確認、通し。
    解散。
    朝集合。読み確認。
    現場での段取り確認、微調整。
    リハ。
    本番直前に読み確認。
    本番。


    みたいな怒涛の企画。
    今書いてて改めて驚愕。
    でも、すごい楽しかった。。
    もっとこの作品に触れていたかった。
    このペースで作れたのは、鹿目さんの迷いない演出指示がおおきいなと。

    どういう芝居にしたいのか。
    ゴールはどこか。
    こうしたい、こう見せたい。
    こうした方が面白い。
    みんなで共有しながら、それぞれが考えてどんどん作る。
    すごい現場だった。。
    松井さんはもう安心感がすごかったし、松島さんは個性の塊すぎてめちゃくちゃ面白いし、雄大くんはずっとまっすぐ目で訴えてくるし。
    サポートしてくださったスタッフの平林さんも、一日で小道具や音響を準備、オペしてくださって。
    あの座組みにいられて、すごく楽しかったなあ。と、しみじみ今感じます。


    今になって、この話の夏海ちゃんのことを考えます。
    彼女も私と同じ29歳でした。
    甘えることでクズになっていく自分が許せない。
    すごく、わかるなと。
    甘えることは、難しいですよね。
    どこまでが許される甘えで、どこからがダメになる依存なのか。
    恋愛って難しい。

    ぜひまたやりたい作品でした。



    さて、長々と書きましたが、こんな感じの宮本の今年のカブフェスでした。
    そういえば平成最後のカブフェスですね。
    来年はどうなるのかな。

    また次が楽しみだ。
    ひとまず、今回の沢山の思い出と経験をめいいっぱい吸収して、次へ!

    最後になりましたが、ご来場くださったみな様、参加くださった各団体のみな様、運営を手伝ってくださったみな様、運営を回してくれたスタッフの皆、委員の皆。
    ありがとうございました。
    心からの感謝をこめて。



    宮本でした!

    カブフェス疲れがようやく回復してきたよ!

    0

      カブフェスから1週間以上たって、ようやく体力が回復してきました。
      こんにちは。年々体力の回復に時間を要するようになってきた遠藤みかです。
      週末は出たり入ったりしながら3時間くらい近所のスーパー銭湯で過ごしていました。久々に体がほぐれた感じ。お風呂大事。

       

      さてさてちょっと時間はたってしまいましたが、カブフェスの思い出などを。

       

      マエカブとしては今年は1作品上演いたしました。
      タイトルは「アイ、29歳」。
      2016年3月マエカブ短編演劇コレクションでの上演作品の再々演です。実は3回目の上演。

      作は私、遠藤みかで、1回目2回目は私が演出もしていましたが、今回の演出はRINちゃん。
      なので私、初めて客観的に作品を見ることができました。
      アイちゃん役のチャッピー三嶋の「できていないウインク」とか「不器用な衣装」も好きだし、ハル(妹)役の宮本はっちんがチャッピーの尻を蹴飛ばすのも好きだし、Pさん役の十川はるちゃん(客演:農村歌舞伎祇園座)の客が笑うまで腕でPを表現し続ける根性も好きでした。

       

      マエカブ カブフェス
      ▲アイちゃん、本当に自分で衣装を作っていました。リアルな場面に遭遇!

       

      妹「ハル」の名前は、私が脚本を書いてる時点で宮本はるか、十川はるか、両女優のどちらが妹役か決まっていなかったので、どっちでもいいように「ハル」にしました。二人とも同じ名前なんだよね。

       

      ところで「アイ、29歳」。
      再々演のはずなのに「脚本を書いている」と書きましたが、何故か再演のたびにキャストではなく脚本を合わせていくスタイルの作品なんですよ、これ。そうしたかった訳じゃなくて、結果的にそうなってしまったのですが。

      初演というか元々は「29歳の女と同い年の親友(女)の友情」もテーマの1つのはずだったのに、再演の時は役者のバランスを考えると「29歳の女とその弟」が良いんじゃないかという話になり、急遽(本当に急遽。昼に言われて夕方には新脚本を提出していた)脚本を差し替え。


      そして今回の再々演では、「アイちゃんを男(三嶋)にしたい」と言われ、おぉ、そうくるか…と思いながら書いていました。そして書くだけ書いて、あとはRINちゃんに任せよう…と、凄い勢いで手放しました。

       

      RINちゃん、ありがとう。面白かったよ!
      千秋楽公演、絶対あそこでRINちゃん出てくるんだろうなぁ、と思ってたら案の定出てきて爆笑したわ。
      本編とまるで関係ないのに「水とPさん人形が消えるマジック」の演出だけは継承してくれ! と面倒くさいことお願いしてすまんやで。ホント本編と関係ないのに客席から「えぇ!」と歓声あがって嬉しかったやで。

       

      今年のカブフェス、私自身はマエカブとしては出演していませんでしたが(あ、インプロに出たか)、アイで楽しみ、出演していたユニット(四谷怪談)でも楽しませてもらいました。
      毎年のことながら、めちゃくちゃしんどかったけど、めちゃくた楽しかったです。

      カブフェスを応援してくれている皆様、ご参加いただいた皆様、支えてくれたスタッフの皆様。本当にありがとうございました。

       

      マエカブ カブフェス

      ▲準備中。

       

      6回目を迎えたカブフェス。
      毎年言っていますが、第1回の時の閑散とした感じ(ほとんどの部屋が休憩所になっていた)と比べると、今年のあのギュウギュウ感が信じられません。


      先日たまたま第2回の時のパンフレットが出てきたのですが、A4両面1枚だったんですよ。それが今年はA4両面3枚、12ページにもなってしまいました。去年は8ページだったのですが、もうどうにも収まりきらなくて「ページ増やさせてくれ」とお願いしました。

       

      と、回数は重ねていますが、毎年毎年新たな反省点が見えてきて、なかなか「これで完璧!」という演劇祭にならず主催側として心苦しい限りです。今年感じたこと、皆様からいただいたお言葉などを踏まえて、さらに楽しい演劇祭になるようマエカブ一同精進してまいります。

      来年の開催については現時点では「開催するつもりです」としか言えませんが、きちんと決まり次第発表いたします。

      今しばらくお待ちくださいませ!

       

      それでは、もう人数が多すぎてなにがなんだか分からない集合写真でお別れしましょう。

       

      マエカブ カブフェス

       

      ありがとうございましたー!

       


      8月も残りわずか

      0
        お盆をあたりから秋の風になってきたと思ってたのですが、最近はまた暑くなってきたように思います。

        まだまだ、熱中症対策が必要な時期なんですね。

        みなさんも気をつけてください。


        ちゃっぴーこと三嶋孝弥です。



        また、カブフェスの季節です。

        団体数もどんどん増えてきており、楽しみな反面「頑張らなきゃ」というプレッシャーを感じます。


        そんなカブフェスですが、今回は「アイ、29歳」を上演します。



        この脚本、過去2回、上演されています。

        それぞれにそれぞれの面白さや味がありました。

        設定がちょっとずつ違っていたり、役者にあてはめながら変化していてた脚本でした。


        そんで、今回、出演します。

        しかも、アイ役です。


        見たことはる人はわかると思いますが、ざっくり説明します。


        アイドル役です。



        ……想像ができない。


        と、最初は思っていましたが、出演者と稽古したり、演出を付けてもらっていると「いけるんじゃね?」という根拠のない自信が芽生えてきて、家に帰って鏡を見て「いやいやいや」と。

        想像と現実の狭間でばたばたともがき苦しんでおります。


        おりますが、本番ではしっかり「アイドル」できるようにもっと稽古を積んでいきます。


        是非、どんな感じのアイドルなのか、確認しに遊びに来てください。

        いや、本当に頑張ります。頑張ります。


        | 1/407PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        others

        mobile

        qrcode