あけましておめでとうワンコ!

0

    あけましておめでとうございます。

    昨年中は株式劇団マエカブを応援していただき、誠にありがとうございました。

    新たな年を迎え、劇団員一同ますます精進して参ります。

    2018年も株式劇団マエカブを、どうぞよろしくお願いいたします。

     

    …という訳で、2018年です!

    2018年は戌(イヌ)年です!

     

    マエカブ芝居の中で出てきた犬といえば、2012年「グズの魔法使い」のトト、同年「アニマル☆パラダイス」で憑依した犬、2013年「ハツカネズミと人間」でキャンディが飼っていた犬、2015年「鬼退治」の犬…くらいですかね。あんまり出てきていないですね。

     

    でも団員の中に犬好きはたくさんいて、自宅で、実家で一緒に暮らしている(いた)人は多いんです。猫好きも多いけどね。とにかく動物が好きなのかな。

     

    そこで本年最初のブログでは、団員たちのワンコを紹介してみたいと思います!

     

    まずは池上諒さんところの「ポン」。

     

     

    池上家に遊びにいって、ポンちゃんと遊んだことのある団員は数多いです。

    毛が伸びてくると池上トリマーがカットするらしいですが、散髪直後のポンちゃんは、なんというか個性的な形状になっています。

     

    次からはご家族からの紹介付きです!

     

     

    衣装、おがさまみ家の「ジェイ」。


    享年 17歳8か月
    名前の由来はジャパニーズドッグのJ。家族のなかで一番年下だった私を明らかに見下していた。

    それでも亡くなるときは、年に二回しか帰省しない私がいるときに天国へ旅立った愛しい子です。

     

     

     

    藤井みな家の「サンディ」


    性別:男の子
    犬種:ラブラドールレトリバー
    特技はキメ顔。絶対に「かわい」をいただくまでは目をそらさない。散歩中、歩行者にもたまに使う。

    冬はふわふわ靴下を積極的に脱がしにかかってくるので注意。
    15歳大往生まで無邪気な優しい子でした。

     

     

     

    三嶋孝弥家の「いちろー(いちくん)」

     

    走るのが好きで、いつも散歩の時は一緒に競走していました。約16年間生きてくれました。

    自由奔放でわがまま放題の子でしたけど、私の結婚式の前日まで頑張って生きて、私をちゃんと送り出してくれた優しい子でした。

     

     

     

    田坂涼家の「ティム」

     

    ミニチュアダックスと聞いていましたが、普通のダックスくらいの大きさになってしまったおっきな子。

    実はティム・オブ・ローズ・サンタマリア・JPが正式な本名らしいです。

    おこたに入る事と、人の膝に座ってテレビを見る事が好きみたいです。

     

     

     

    宮本はるか家の「ボニー」

     

    麻呂眉、白靴下の黒柴男子です。
    クリスマスの日に帰宅すると、『クリスマスプレゼントがきたよ!』と紹介されたのが彼でした。
    当時、先代ワンコが亡くなって次を飼うか悩んでいたのですが、父がやはり散歩相手が欲しいともらってきた子です。
    よく『いい犬だね』と褒めていただけるイケメン犬ですが、ビビリマンなので怖いと感じるとすぐ机の下に逃げ込みます。
    雷と大きな男性が特に苦手。
    チャッピーにはついぞなつきませんでした。
    かわいいです。

     

     

     

    谷口継夏家の「にのみや」

     

    スゴイ甘えたがりで寂しがり屋さん。家族が出かけるとクゥーンとないて寂しがり、家に帰ると喜んで飛びついてくる。

    あと人間の食べ物を常に欲しがる。

     

     

     

    遠藤みか家の「チョビ」

     

    子犬の時のイメージで名付けたら大きく育ってしまってチョビって感じじゃなくなったけど、チョビです。

    多頭飼いでチョビ以外にパピヨンやトイプー、チワワあたりの子犬が10数匹いるなかの絶対的リーダー。尻尾を掴まれても子犬に踏まれても絶対怒らない耐える犬。その昔、抜け毛を集めて衣装の一部に使われそうになっていた。

     

     

    2018年もマエカブ、そしてマエカブワンコをよろしくお願いいたします!

     

    <予告>

    近いうちには2018年の公演スケジュールをご案内できると思います。お楽しみに!!

     


    マエカブ2018公演案内

    0

      演劇と街がつながる「坂出ミセモノガタリ」
      坂出市内に実在する店の歴史やエピソード、そこに生きる人たちの物語!

       

      [主催]株式劇団マエカブ

       

      [脚本・総合演出]福田修志(F's Company)
      [コーディネーター]岡田敬弘

      [出演]※マエカブ団員のみ掲載。遠藤みか、橋本琢真、大江一雄、宮本はるか

       

      ●日時:2018年2月24日(土)25日(日)

       

      ●上演作品/上演時間
      [吉]吉田ベーカリー
      [R]RETORO
      [多]多田羅薬局
      [清]清水屋
      [高]高橋健太鍼灸院
      [増]増田ニコニコ庵
      [サ]サッカミート
      [千]千住
      [し]しんすい園

       

      24日(土)
      13:00[吉][R][多]
      14:30[清][高][増]
      16:00[サ][千][し]
      17:30[吉][R][多]
      19:00[清][高][増]
      20:30[サ][千][し]

       

      25日(日)
      10:00[吉][R][多]
      11:30[清][高][増]
      13:00[サ][千][し]
      14:30[吉][R][多]
      16:00[清][高][増]
      17:30[サ][千][し]

       

      ※上演時間によりご覧いただける作品が異なるのでご注意ください。
      ※上演時間は1公演3作品につき40分前後を予定しています。

       

      ●場所:シアターソルト(オアシス元町)
      香川県坂出市元町4丁目2-4
      https://goo.gl/maps/ukoTKP2bHNE2
      ※JR坂出駅徒歩5分/駐車場は周辺の有料駐車場をご利用ください。

       

      ●料金:1公演3作品 500円(前売/当日共通)

       

      ●チケット販売窓口
      ※販売開始の準備完了後にご案内いたします。

       

      ///////////

       

      株式劇団マエカブ2018春公演「ハツカネズミと人間」

       

      [原案]ジョン・スタインベック
      [作・演出]藤井みな
      [出演]RIN、三嶋孝弥、宮本はるか、新谷健、谷口継夏、遠藤みか、与力(よりき)、田坂涼

       

      ●日時:2018年3月24日(土)19:00、25日(日)11:00、16:00[全3回]
      ※開場は各回開演の30分前/各回40席限定/上演時間:約90分

       

      ●場所:高松swagg 2階(高松市常磐町1丁目5-5)
      ※常磐町商店街内/コトデン瓦町駅から徒歩5分/専用駐車場はありませんので、最寄のパーキング(多数ございます)をご利用ください。

      ●料金:[ワンドリンク付]一般2,000円/高校生以下1,500円(当日一律2,500円)

       

      ※特設サイト、チケット販売準備中!

       

      ///////////

       

      株式劇団マエカブ2018年本公演
      マエカブキ「歌舞伎門事変」

       

      [企画・制作]株式劇団マエカブ


      [作・演出]岡田敬弘

       

      ●日程:2018年7月7日(土)、8日(日)

       

      ●場所:坂出市民ホール
      (香川県坂出市京町2丁目1-13・坂出駅から徒歩5分)
      ※会場専用駐車場はありません。お近くの有料パーキングをご利用ください。イオン坂出店、駅地下ほか、周辺に多数ございます。
      ※開演近くのお時間になりますと、周辺のパーキングが大変混雑致します。お時間に余裕を持ってお越しください。

       

      ※その他詳細は決定次第ご案内いたします。
      ※特設サイト、チケット販売準備中!

       

      ///////////

       

      「マエカブ演劇フェスティバル」(カブフェス)

       

      日本全国から演劇人が集結!
      国重要文化財指定の披雲閣を芝居小屋に変え、
      1日中つねに何かが"上演中"の、日本一ギュッとした演劇祭です。

       

      [主催]株式劇団マエカブ

       

      ●日程:2018年9月8日(土)、9日(日)

       

      ●場所:香川県高松市:玉藻公園(史跡高松城跡)内「披雲閣」

       

      ※その他詳細は決定次第ご案内いたします。
      ※特設サイト、チケット販売準備中!


      うちのたいしょう。

      0
        こんにちは!
        宮本です!



        先日はまっこと寒い中ヨコクラうどん公演『愛の刃』足を運んでいただきましてありがとうこざいました!

        普段、感想で「かっこよかった」って言ってもらえることなかったので、今回は違う感想たくさんいただけて嬉しかったです。


        3年前は占い師やりながら、ずっとずっとじつは平間がやりたくて。
        今回、この役をもらえたときはすっっっっっごく嬉しかったのです。


        でもじつはこういう、人が沢山出てくる芝居でこんな重要な役になることって今までなかったから、こっそりプレッシャーでもありました。

        だけどもそこはうちの大将、鴨役やすおさんがいい感じに場を荒らして引っ張ってくれて。
        やすおさんてこんなに頼もしかったのか!
        とか失礼なことも思ったりしてました。

        鴨さんと最後の浪士が同じ役者というのは、3年前の玉井さんの演出の時と同じで。
        私は当時そのキャスティングを聞いて、言い表せない萌えを覚えたものですが、今回、自分がいざその渦中に入ると、ああなるほど。
        と思いました。


        なかなか最後、稽古の時も、浪士についていく決心てつけにくかったのですが、実際の現場で、照明が入ってあのシーンをやったとき。
        それまではっきり見えてなかった浪士の顔が照明に照らされて見えて、鴨さんと重なって。
        ああ、江戸に行こうって平間に言ってくれたとき、こんな感じだったんだなっていうのが想像出来て、自然に言葉がでました。
        現場ってすごい。




        そんなこんなの『愛の刃』。
        毎回稽古が楽しくて、終わってしまったのが寂しくてしかたないですが、いつかまた再演のときには、また平間がやりたいな。


        ぜひそのときはまたさらにパワーアップして。


        いろんな愛を、また感じてもらえたらいいなと思います。


        | 1/388PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << January 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        others

        mobile

        qrcode