熊本公演やで!

0
    もう半袖で十分過ごせちゃいますね。
    本公演の稽古やなんやも動き始めてますが、その前にもう一つ公演ありますよ!

    熊本公演!



    あ、こんばんは。

    宮本です。
    ついに1週間切ってしまってます。
    来週の今頃には香川への帰路についているのでしょうか。


    小道具やセット、人員も少しずつ集まってきてお芝居の始まる気配。
    ドキドキハラハラながらもソワソワします。

    今回は凄く「女性」を意識した作品で、割と宮本には珍しく「女性」を武器に組み立ててます。
    「女の子」じゃなくて「女性」。
    「女」じゃなくて「女性」だな、と思います。


    演出の岡田さんと話していて、かなり男女で捉え方に差のある作品だと気付きました。
    個人的には、女性には切実に共感できるのじゃないかなと思う作品。
    でも男性にももしかしたら何かハマるところがあるのかもしれない。


    夢ばかり見てられない。
    矢印の先の指す先は何か。


    熊本公演なのでなかなか遠いのですが。
    GW前半戦の土日ですから旅行がてらちょっと覗いてみませんか?(笑)


    兎にも角にも頑張ってきたいと思います。

    がんばるんば!


    *****


    \マエカブ熊本でお芝居します/


    宮本はるか1人芝居「インナースペース・パラドックス・コンプレックス」
    作:鹿目由紀(劇団あおきりみかん)/演出:岡田敬弘


    ?2018/4/28土19:00、29日11:00、14:00


    ?熊本県熊本市:花習舎(カシューシャ)


    ?チケットご予約
    https://mailform.mface.jp/frms/mamen/nlexctcmx3a5



    マエカブ2018公演案内

    0

      「マエカブ演劇フェスティバル」(カブフェス)

      日本全国から演劇人が集結!
      国重要文化財指定の披雲閣を芝居小屋に変え、
      1日中つねに何かが"上演中"の、日本一ギュッとした演劇祭です。

       

      [主催]株式劇団マエカブ

       

      ●日程:2018年9月8日(土)、9日(日)

       

      ●場所:香川県高松市:玉藻公園(史跡高松城跡)内「披雲閣」

       

      詳細はこちらから

      http://maekabu.main.jp/kabufes/

       

       

      ///////////

       

      ◆終了◆

      株式劇団マエカブ2018年本公演
      マエカブキ「歌舞伎門事変」

       

      マエカブ 歌舞伎門事変

       

      [企画・制作]株式劇団マエカブ
      [作・演出]岡田敬弘

       

      ●日程:

      2018年7月7日(土)19:00開演
      2018年7月8日(日)11:00開演
      2018年7月8日(日)15:00開演

       

      ●場所:

      坂出市民ホール
      (香川県坂出市京町2丁目1-13・坂出駅から徒歩5分)
      ※会場専用駐車場はありません。お近くの有料パーキングをご利用ください。イオン坂出店、駅地下ほか、周辺に多数ございます。
      ※開演近くのお時間になりますと、周辺のパーキングが大変混雑致します。お時間に余裕を持ってお越しください。

       

      ●料金:

      ▽歌舞伎門事変WEB予約フォーム
      https://mailform.mface.jp/frms/mamen/nguj9860f0nn

       

      一般…前売2,500円(当日3,000円)
      シニア…(60歳以上限定)前売2,300円 ★前売限定
      U25…(25歳以下限定)前売2,000円 ★前売限定
      高校生以下…前売1,000円(当日1,500円)
      小学生…前売500円 ★前売限定

      ★シニア、U25、小学生の当日券はございません。一般、高校生以下のチケットをお求めください。
      ※受付で学生証、年齢確認が取れるものの提示をお願いする場合がございます。
      ※未就学児は保護者1名様につき2名様まで無料です。

       

      ●あらすじ:

      いつかあなたを、てるてる坊主が殺しにくるわ
      あるところに、龍神を祭る歌舞伎門があった。村はいつも雨が降っており、村人たちはみな、喜んだ。

      しかし、降り続く雨はやがて川を氾濫させ、家畜や作物は流された。村人たちはこれを龍神の怒りだと恐れ、 いつしか雨を止ませるべく龍神に生け贄を捧げるようになった。

      ある日、1人の男が5つ集めると願いが叶うと言われている、 「伝説の農具」を集めて雨を止ませた。男は村の英雄と呼ばれたが、二度と雨が降ることはなかった…それから30年、 渇水の村で再び伝説の農具を巡る争いがはじまる。
      演劇、殺陣、農村歌舞伎、日舞、和太鼓が融合する歌舞伎系エンターテインメント、 マエカブキ第3弾『歌舞伎門事変』いざ、参る。

       

      ●出演:

      山地陽一郎
      加藤直(客演:La+)
      福家正洋
      山田翼(客演:La+)
      与力(よりき)
      宮本はるか
      橋本琢真
      鎌田紋妃(客演:農村歌舞伎祇園座)
      新谷健
      十川陽香(客演:農村歌舞伎祇園座)
      鎌田義美(客演:農村歌舞伎祇園座)
      三木優希(客演:星屑ロケッターズ)
      三嶋孝弥
      遠藤みか
      繁中あずさ
      藤井みな
      森友樹(客演:La+)
      井上正浩(客演:テアトル・ローマン)
      朱夜(客演)
      みやぶん
      白川夢華(客演:株式会社エルネストジャパン所属/2018ミス・ユニバース・ジャパン香川大会ファイナリスト)
      東條勲(客演:イサエモン)

      藤間絹舞(藤間流師範)
      野中耀博(和太鼓・法螺貝奏者)
      鴨川福神太鼓保存会

       

      ●スタッフ:

      企画・制作:株式劇団マエカブ
      作・演出:岡田敬弘
      殺陣演出:山地陽一郎、池上諒、朱夜
      演出補佐:三嶋孝弥
      振り付け:三嶋孝弥、三木優希
      舞台監督:福家正洋
      制作:岡田敬弘、大江一雄、橋本琢真、与力(よりき)
      照明:有限会社ミュウ・ライティング・オフィス
      音楽協力:エダタツキ
      舞台美術:渡辺舞
      大道具:福家正洋、井上正浩、谷本勝
      小道具:福家正洋、藤井みな
      小道具特別協力:山端篤史
      衣装:おがさまみ、遠藤みか、繁中あずさ、宮本はるか、小川百統子
      宣伝美術:立木幹生(coup company)
      広報:遠藤みか
      撮影:Studioはっち

       

      ▼特設サイトはこちらから

      http://maekabu.main.jp/kouen/1807kabukimon/

       

      ///////////

       

      ◆終了◆

      株式劇団マエカブ熊本公演/宮本はるか1人芝居
      「インナースペース・パラドックス・コンプレックス」

       

       

      主催:株式劇団マエカブ

       

      作:鹿目由紀(劇団あおきりみかん)
      演出:岡田敬弘
      出演:宮本はるか

       

      ●日程
      2018年4月28日(土)19:00
      2018年4月29日(日)11:00、14:00
      ・上演時間:約60分

       

      ●場所
      花習舎(カシューシャ)
      熊本県熊本市東区東本町1-62 3F
      ※熊本市電建軍電停から徒歩1分

       

      ●料金
      一般 2,000円
      大学・短大・専門学校以下 1,500円
      (当日は300円UP)

       

      ●あらすじ
      ミヤコは気が付くと、大きな白い『矢印』の前にいる。
      ミヤコはどうやら、自分の体内にいるような気がしている。
      ミヤコはいつものように酔っぱらっているのかもしれない。
      ミヤコは何故、自分の体内にいるのか。
      ミヤコは『矢印』のほうへ進むべきなのか。
      ミヤコにはただひとつ、はっきり分かっていることがある。
      「深い海の色をした馬に捕まる前に、なんとかしなければならないのだ」
      ミヤコは進む。自分の奥深くへ。
      ミヤコは入る。自分の触ったことのない場所へ。
      その先にあるものがなんなのかは分からない。
      ミヤコのミヤコによるミヤコのための体内を巡る話。
      そんなヒトリシバイ。

       

      ▼チケットWEB予約はコチラから
      https://mailform.mface.jp/frms/mamen/nlexctcmx3a5

       


      マエカブ2017公演記録

      0

        終了◆株式劇団マエカブ2018春公演「ハツカネズミと人間」

         

         

        [原作]ジョン・スタインベック
        [作・演出]藤井みな
        [出演]RIN、三嶋孝弥、宮本はるか、新谷健、谷口継夏、遠藤みか、与力(よりき)、田坂涼

         

        ●日時:2018年3月24日(土)19:00、25日(日)11:00、16:00[全3回]
        ※開場は各回開演の30分前/各回40席限定/上演時間:約90分

         

        ●場所:高松swagg 2階(高松市常磐町1丁目5-5)
        ※常磐町商店街内/コトデン瓦町駅から徒歩5分/専用駐車場はありませんので、最寄のパーキング(多数ございます)をご利用ください。

         

        ●料金:[ワンドリンク付]一般2,000円/高校生以下1,500円(当日一律2,500円)

         

        http://maekabu.main.jp/kouen/1803nezumi/

         

        ///////////

         

        終了◆演劇と街がつながる「坂出ミセモノガタリ」
        坂出市内に実在する店の歴史やエピソード、そこに生きる人たちの物語!

         

        [主催]株式劇団マエカブ

         

        [脚本・総合演出]福田修志(F's Company)
        [コーディネーター]岡田敬弘(株式劇団マエカブ)

         

        [出演]※50音順
        朱夜
        岩田千春(劇団FF)
        遠藤みか(株式劇団マエカブ)
        大江一雄(株式劇団マエカブ)
        鎌田紋妃(NPO法人農村歌舞伎祇園座保存会)
        嶋田悠生
        徳永徹
        中川有紀子(劇団ポケティプロジェクト)
        中越恵美(劇団マグダレーナ)
        長町夏希
        仁科恭子(創作歌劇団くらしき)
        橋本琢真(株式劇団マエカブ)
        藤原条弐
        松田
        みう。
        宮本はるか(株式劇団マエカブ)
        目黒眞子

         

        [演出スタッフ]※50音順

        伊賀千賀子(劇団FF)

        岡田敬弘(株式劇団マエカブ)

        宮本はるか(株式劇団マエカブ)

         

        ●日時:2018年2月24日(土)25日(日)

         

        ●上演作品/上演時間
        [吉]吉田ベーカリー
        [R]RETORO
        [多]多田羅薬局
        [清]清水屋
        [高]高橋健太鍼灸調整院
        [増]増田ニコニコ庵
        [サ]サッカミート
        [千]千住
        [し]しんすい園

         

        24日(土)
        13:00[吉][R][多]
        14:30[清][高][増]
        16:00[サ][千][し]
        17:30[吉][R][多]
        19:00[清][高][増]
        20:30[サ][千][し]

         

        25日(日)
        10:00[吉][R][多]
        11:30[清][高][増]
        13:00[サ][千][し]
        14:30[吉][R][多]
        16:00[清][高][増]
        17:30[サ][千][し]

         

        ※上演時間によりご覧いただける作品が異なるのでご注意ください。
        ※上演時間は1公演3作品につき40分前後を予定しています。

         

        ●場所:シアターソルト(オアシス元町)
        香川県坂出市元町4丁目2-4
        https://goo.gl/maps/ukoTKP2bHNE2
        ※JR坂出駅徒歩5分/駐車場は周辺の有料駐車場をご利用ください。

         

        ●料金:1公演3作品 500円(前売/当日共通)

         

        ///////////

        終了◆株式劇団マエカブ2017冬ヨコクラ公演
        「愛の刃」

         

        [作]松島寛和(劇団シアターホリック)
        [演出]岡田敬弘

        [出演]高木康男、宮本はるか、朱夜(高松ロワイヤル店長)、藤井みな、遠藤みか、与力(よりき)、宮元優佳(劇団まんまる)

         

        ●日程
        2017年12月16日(土)14:00/17:00
        2017年12月17日(日)10:00/14:00☆
        ・開場は各回開演の30分前
        ・各回35席限定
        ・上演時間:約60分
        ・☆千秋楽後、交流会がございます(参加費1,000円)。参加希望の方は、チケットご予約時にお申し出ください。どなたでも参加自由です。

         

        ●場所
        ヨコクラうどん(香川県高松市鬼無町鬼無136-1)

         

        [お車でお越しの方へ]
        店舗駐車場には限りがあるため、乗り合わせでの来場にご協力ください。店舗駐車場が満車になり次第、臨時駐車場へのご案内となります。臨時駐車場から会場までは徒歩での移動となりますので、お時間に余裕を持ったご来場をお願い致します。

         

        ●料金
        前売一般1,500円/高校生以下1,000円(当日一律2,000円)
         
        ///////////
         
        終了◆雲劇祭2017出演作品(主催:雲の劇団雨蛙)
        「金色の浮舟」

         

        ●作・演出:岡田敬弘

        ●出演:宮本はるか、遠藤みか、藤井みな

        ●音響:橋本琢真

         

        ●日程
        2017年11月4日(土)

        マエカブ出演時間は11:30/16:30

         

        ●場所
        出雲国際交流会館(島根県)

         

        ★詳細は演劇祭の公式サイトから!

        【公式サイト】
        https://kumogekiamagaeru.wixsite.com/kumogekifes

         
        ///////////

        終了◆「マエカブ演劇フェスティバル」(カブフェス)

         

        日本全国から22団体が集結!
        国重要文化財指定の披雲閣を芝居小屋に変え、
        1日中つねに何かが"上演中"の、日本一ギュッとした演劇祭です。

         

        カブフェス マエカブ

         

        主催:株式劇団マエカブ
        後援:高松市、高松市教育委員会、四国新聞社、一般社団法人日本演出者協会

         

        ●日程
        2017年9月9日(土)10:00開場(10:30開演)〜18:00閉場
        2017年9月10日(日)10:00開場(10:30開演)〜17:00閉場
        ※お好きな時間に入退場していただけます。再入場可。
        ※上演スケジュールは決定次第サイトにて発表します。

         

        ●場所
        香川県高松市:玉藻公園(史跡高松城跡)内「披雲閣」

         

        ●料金
        [一般]2,0 00円
        [高校生以下]1,000円
        ※チケットは2日通し券のみです。1日券はありません。
        ※カブフェスでは「おひねり制」を導入しています。詳細はサイトをご覧ください。

         

        ★お得な前売チケットは公式サイトから!

         

        【公式サイト】
        http://maekabu.main.jp/kabufes/

         

        カブフェス マエカブ

         

        ///////////
        終了◆株式劇団マエカブ2017年本公演
        マエカブキ「歌舞鬼の国のアリス」

         

        マエカブ 歌舞鬼の国のアリス

         

        「パンパカパーン!」
        「シロウサギのシロです!」「クロウサギのクロです!」
        「やりたい事はやってるかい?」「やらない事はやめてるかい?」
        「あっ黙った」「だんまりですかい」「だんまりどすなぁ」
        「それではアリスを歌舞鬼の国に、ごあんな〜い!」
        ヘンテコウサギ達に導かれ、アリス(39歳:兼業主婦)が迷い込んだのは「歌舞鬼の国」。
        そこは狐の大名と双子の花魁が、12ヶ月四季折々の花が描かれた「花札」を使って勝負を繰り広げる奇妙な国だった。
        好評を博した「浮世の国のアリス(2014年)」のユーモラスで不条理な花札達の世界観はそのままに、脚本・キャスト・演

        出の全てを一新!歌舞伎の要素を取り入れた「マエカブキ」として華やかにお届けします。


        [作・演出]岡田敬弘

         

        [企画・制作]株式劇団マエカブ

        [後援]
        坂出市、坂出市教育委員会、高松市、高松市教育委員会、宇多津町教育委員会、四国新聞社

        [協力]
        NPO法人農村歌舞伎祇園座保存会

         

        [日程]
        2017年5月20日(土)19:00開演、21日(日)13:00開演/17:00開演<上演時間:約90分>

         

        [場所]
        場所:坂出市民ホール
        (香川県坂出市京町2丁目1-13・坂出駅から徒歩5分)

        ※会場専用駐車場はありません。お近くの有料パーキングをご利用ください。イオン坂出店、駅地下ほか、周辺に多数ございます。
        ※開演近くのお時間になりますと、周辺のパーキングが大変混雑致します。お時間に余裕を持ってお越しください。
         
        [料金]
        一般…前売2,500円(当日3,000円)
        シニア(60歳以上限定)…前売2,300円★
        U25(25歳以下限定)…前売2,000円★
        高校生以下…前売1,000円(当日1,500円)
        小学生…前売500円★
        ★シニア、U25、小学生の当日券はございません。一般、高校生以下のチケットをお求めください。
        ※学生証、年齢確認が取れるものの提示をお願いする場合がございます。
        ※未就学児は保護者1名様につき2名様まで無料です。
         

        ⇒前売チケットのご購入、ご予約はお近くの劇団員、またはWEBチケット予約フォームをご利用ください。

         

        <WEBチケット予約フォーム>
        https://mailform.mface.jp/frms/mamen/nguj9860f0nn

         

        [リピート割]
        千秋楽を除く各回終演後、ロビーにて当公演2回目以降のご観劇にご利用いただけるお得な「リピート割引チケット」を

        1,000円(全年齢共通)にて販売いたします。

         

        [出演]
        遠藤みか、宮本はるか、池上諒、高木康男、加藤春菜(シャカ力)、仁後哲志、三嶋孝弥、山地陽一郎、新谷健、小川晴菜、与力(よりき)、橋本琢真、福家正洋、藤井みな、みやぶん、大江一雄、谷口継夏、RIN、峰山博志(Terra岡山芸術会)、繁中あずさ、岡田敬弘

         

        [特別出演]
        東條勲(イサエモン)、朱夜(高松ロワイヤル店長)、マジシャンウル(マジックカフェフルムーン)、鎌田紋妃(農村歌舞伎祇園座)※土曜のみ、加藤宗悟(シャカ力)※日曜のみ、藤間絹舞(藤間流師範)、野中耀博(和太鼓・法螺貝奏者)、鴨川福神太鼓保存会

         

        [スタッフ]
        企画・制作:株式劇団マエカブ
        作・演出:岡田敬弘
        殺陣演出:仁後哲志
        演出補佐:池上諒
        振り付け:三嶋孝弥
        舞台監督:田坂涼
        舞台監督補佐:福家正洋
        制作:岡田敬弘、大江一雄、橋本琢真、与力(よりき)
        照明:有限会社ミュウ・ライティング・オフィス
        音響…田坂涼
        音楽協力:エダタツキ
        舞台美術:渡辺舞
        大道具:岡田敬弘、井上正浩(テアトル・ローマン)
        小道具:福家正洋
        衣装:おがさまみ、繁中あずさ、小川晴菜、小川百統子(協力)
        宣伝美術:遠藤みか
        撮影:Studioはっち

         

        ★特設サイトはコチラから
        http://maekabu.main.jp/kouen/170520alice/

         

        ///////////

         

        [外部出演情報]

         

        終了◆演劇と街が繋がる「坂出ミセモノガタリ」

        坂出市内に実在する店の歴史やエピソード、そこに生きる人たちの物語!

         

         

        脚本・総合演出:福田修志(F's Company)
        コーディネーター:岡田敬弘(株式劇団マエカブ)

         

        ●日時:2017年2月18日(土)19日(日)

         

        ●場所:シアターソルト(オアシス元町)
        香川県坂出市元町4丁目2−4
        https://goo.gl/maps/ukoTKP2bHNE2
        ※JR坂出駅徒歩5分※駐車場は周辺の有料駐車場をご利用ください。

         

        ●チケット販売窓口
        ・演劇大学 inさかいで実行委員会
        ・坂出市観光案内所(JR坂出駅構内)・坂出市観光協会(人工土地1階)

        ※マエカブでもお取り置き可能です。メール(info@maekabu.main.jp)に、お名前(カナ)、ご希望の公演日時、人数をご連絡ください。

         

        ●料金:1公演3作品 500円(前売/当日共通)

         

        ●上演作品/上演時間
        ・[立]立石國臣商店

        ・[吉]吉田ベーカリー

        ・[が]がもううどん
        ・[ベ]ベンガル亭

        ・[し]しんすい園

        ・[増]増田ニコニコ庵

         

        18日(土)
        13:00[立][吉][が]
        14:30[ベ][し][増]
        16:00[立][吉][が]
        17:30[ベ][し][増]
        19:00[立][吉][が]
        20:30[ベ][し][増]

         

        19日(日)
        10:00[立][吉][が]
        11:30[ベ][し][増]
        13:00[立][吉][が]
        14:30[ベ][し][増]
        16:00[立][吉][が]
        17:30[ベ][し][増]

         

        ※上演時間によりご覧いただける作品が異なるのでご注意ください。
        ※上演時間は1公演3作品につき40分前後を予定しています。

         

        ●出演:
        ※マエカブ団員のみ掲載。
        [立]三嶋孝弥[吉]宮本はるか、橋本琢真[が]三嶋孝弥
        [ベ]繁中あずさ、大江一雄[し]遠藤みか[増]藤井みな


        みやぎけんいってきました!

        0
          あっという間にクリスマスもすぎまして。
          あっという間に宮城での一人芝居の上演も終了いたしました。
          どうも。
          大掃除で引き出しの隅っこからたまたま見つけた5000円を早くも無駄遣いしそうな宮本です。


          12月23日金曜日。
          宮本、宮城で、名古屋の 劇団さよなら の長谷川彩さん作の一人芝居「そして、彼女は」を上演してまいりました!
          情報量が多いですね!
          宮城で、名古屋の人の書いた本を、香川から行った宮本がしましたよ!
          今回は、宮城教育大学演劇部さんの公演、
          「アスタと青の魔法」のアフターイベントとしての上演。


          いや、とにかくドキドキ。


          久しぶりの飛行機に耳がキンキンなりながら、ワクワクもありつつドキドキ。

          でも、流石弾丸ツアー。

          22日の夜に香川を出発し、関空近くのゲストハウスで1泊。
          翌早朝に飛行機に乗り宮城県上陸。
          箱入り、スタッフさん、宮教さんへの挨拶、リハ、観劇、本番。
          みたいな怒涛のスケジュール。
          気がつけば終わっていて、すごく楽しかったという思いと、鳴り止まない胸のドキドキだけがありました。

          本当にやりきった感。

          今年ラストの宮本の芝居は、いろいろな人に支えられた、思い切りやりきれた素敵楽しいものでした。
          てまえみそ。
          でも、お世話になった宮城教育大学演劇部の皆さんには、本当にいい表せないくらいの感謝でいっぱいです。

          そもそも、見ず知らずの香川の人間から急に「一人芝居の上演をさせてほしい」と連絡したのを許可して下さり、暖かく迎えてくださり、お芝居も見せて下さったり。
          彼らの演劇に向かう姿にいつもと違う感覚から触れさせていただいたことで自分を省みることもできたし、自分の公演の前に彼らのお芝居を見ることでいろいろ吹っ切れたし。
          去年はそういえばRINちゃんや福家さんと東京へ行っていろいろ学びましたが、今回は1人の舞台。 でもそれをやりきることが出来たのが、嬉しかったです。

          そしてその後の牛タンは言わずもがな、美味でした。。



          が。その後また飛行機に乗って関空へ。
          そこから車で香川へ。
          という道のり。


          気がつけば自宅でした。
          本当に夢のようなひととき。
          雪はふってなかったけど、宮城、とても楽しかった!

          楽しかったしかいってないな。

          これをかてに。
          また来年も頑張るぞ!

          宮本のお芝居は今年はおわりましたが、マエカブとしてはまだ、名古屋でのミソゲキがあります!

          そちらもぜひ、応援くださいませ!

          みやもと、みやぎで一人芝居するってよ!

          0

            今年も残すところあと11日!
            そんな中こんな中、発表されました、
            12月23日!宮本の一人芝居in宮城!!
            どうも。宮本です。

            なぜ宮城県?
            なぜ宮本?


            その謎をご説明致しましょう。


            そもそもの発端は昨年2015年の春公演。 東京凱旋公演とマエカブ新人公演の同時上演をした、春のヨコクラうどん公演です。

            その際、アンケートに【印象に残った役者】の欄があり、
            「1位になった人がくじ引いて、当たったところに行って公演する。」
            という企画が打上げにて電撃発表されました。
            その詳細はコチラ→http://maekabu.jugem.jp/?cid=23
            RINちゃんのブログ「彼の名は、マッチ…そしてアレ」にてご確認ください。

            そう。ブログにあった通り
            1位はRINちゃんだったのです、
            が。
            御本人多忙につき。
            ありがたいことにそのアンケートでRINちゃんに次いでの次点でしたあたくし宮本にお鉢が回ってきたということでございます。
            ?? ?(灬 ?ω? 灬)? ??


            しかし、本格的にこの企画を動かし始めたのは、先月11月のこと。
            それこそ、カブコレ2のヨコクラうどん公演本番日あたりのこと。
            その時にやっと、


            「やべぇ!2016年もう1月ちょっとしかねぇ!」ゲッ!(???|||)

            となりまして。

            まず宮城県までのアクセス方法を検索し。
            急いで一人芝居の台本を探し。
            上演場所や方法を模索し。

            なんとかかんとか、年内の宮城県芝居の公約をはたす見通しが立ちました次第でございます。
            脚本はカブコレ2でもお世話になりました。
            「君にときめく」の作者。
            劇団さよなら の長谷川彩さん作。
            『そして、彼女は』
            すごく面白いお話なので、また香川でも見てもらいたい演目です。
            そして、今回の公演にあたり忘れては行けない存在が地元の宮城教育大学演劇部の皆様。

            当日イベントのアフターとして、この方たちの暖かいご協力のおかげで、我々は今回、宮城県で芝居がうてます。

            ほんと、ありがたや。


            RINちゃんの代打!
            宮本、人生初東北上陸!
            そして一人芝居!
            なんとも美味しくも、大変責任のある役を仰せつかりました。
            まあでも、
            取り敢えず楽しんで来たいと思います。
            宮本にとっては今年ラストの公演ですし。
            悔いのないように、思いっきりやりきれたらいいなあ。
            牛タンと雪が楽しみ!


            ということで!
            宮本!
            頑張ってきます!


            キンモクセイってどんな花

            0
              暖かくなったり寒くなったり
              安定しない気温ですね
              扇風機が時々、現役復帰してきて、引退するタイミングを見失っています。

              ちゃっぴーこと三嶋孝弥です。

              10月に入って演劇大学で踊ったり、子どもたちと作品を作ったり
              瀬戸内国際芸術祭に指輪ホテルの讃岐の晩餐会に出演したり
              芸術の秋を満喫しています。


              さて、今週末。
              さぬき市長尾のかぐや姫カーニバルでお芝居します。
              場所は香川県立亀鶴公園。
              時間は12:30を予定しています。

              演目は花散る〜キンモクセイ〜
              皆さんご存知の池上さん作の花散るです。
              これを原作とし、岡田さんが脚本・演出。
              殺陣指導は池上さん。
              ダンス振付は私がしています。
              出演は与力と谷口と私、三嶋です。

              ダンスの振付が何も思いつかずに産みの苦しみを久しぶりに長時間、味わいました。
              数年ぶりに番傘を使った振付で、華やかになっているのではないかと思います。



              この3人の組み合わせはなかなかなかったので、新鮮ですね。
              お互いに刺激を与え合いながら、残り、詰めていきたいです。




              与力と谷口がキーとなる作品です。
              私も私できっちりと仕事をこなしていきたいです。


              なかなか東の方で公演することがないので楽しみです。
              お時間ある方は10月23日に亀鶴公園でお会いしましょー。


              ちゃっぴーこと三嶋孝弥でした。

              本日夕方!!

              0
                本日19時半より、

                丸亀市の城南小学校にて、

                マエカブ短編2本、

                上演しちゃいます!!



                暑い最中ではありますが、今年も小学校の夏祭りに呼んで頂き、子どもたちの前でお芝居をしてきます(ノw`*)


                宮本はるかの一人芝居と、宮本はるか、田坂涼、こだまの三人芝居となっておりますーm(_ _)m

                三人芝居の方は、カブコレで上演した「アイ、29歳」を脚本演出がらっと変えたバージョンになっております。まさかこの歳で実年齢を思いっきり叫ぶことになるとは思ってもみませんでしたが…機会をくれたみんなに感謝をしつつ、みんなと楽しんで来ようと思います。
                ぜひ、足を運んで頂ければ幸いです!!





                小さな座組ですが、子どもたちを始め沢山の方を笑顔にするため、全力で頑張ってきまーす!!!

                以上、こだまでした。

                来週の土曜日は・・・!?

                0
                  来週の土曜日は・・・!?


                  株式劇団マエカブ、来週は丸亀の城南小学校でおまつり公演や
                  9月頭に玉藻公園でカブフェス公演等予定しておりますが、

                  実はあともう1つ公演があります。

                  それが
                  来週、8月5・6日に兵庫町商店街で行われるイベント。

                  「ひょこタウンまるごと大作戦」


                  一昨年、「黒田姉妹(仮)」で共演したひょこねぇ、ひょこたんと昭和の遊びで触れ合ったり。
                  M78星雲から飛来した宇宙人もやってくる
                  「〜バック トゥ THE 昭和〜」がテーマなイベントです。



                  土曜日の8月6日には株式劇団マエカブから
                  宮本はるか」と「橋本琢真」がひょこっと出演させていただきます。


                  その体を生かして小さな動物達に扮した宮本と、
                  うさんくさいテキ屋の兄ちゃん橋本が披露する

                  完全一人芝居の新作2作品!!
                  来場も観劇も無料です。

                  来週末は兵庫町商店街で
                  昭和の雰囲気を楽しみませんか?


                  ご来場お待ちしております。
                  橋本

                  第3の『花散る』

                  0
                    本番日には桜がいい感じに咲いてるようだ!
                    日頃の行いがいいからだ!!
                    本番日には降水確率が60%だそうだ!
                    日頃の行いが悪いの・・・か、な?

                    ちゃっぴーこと三嶋孝弥です。
                    桃陵公園さくらまつり公演『花散る』の演出しています。

                    いよいよ本番目前です。
                    4月3日(日)12:20〜
                    県立公園である多度津町は桃陵公園のステージで「花散る」が上演されます。

                    メンバーは……

                    ファンの皆さんお待たせしましたついに復帰戦!帰ってきた細マッチョ「繁中あずさ」



                    約1年振りの復帰戦になります。
                    昔から憧れていた役者のひとりで、一緒に芝居が作れるとなるととてもわくわくします。
                    一昨年のカブフェスの「ひとでなしの恋」以来、演出として接することができました。
                    舞台の姿を見ていると本当に「かっこいい」と惚れ惚れしてしまいます。
                    そんな圧倒的なオーラを纏った彼女にしかできない役になっています。
                    本当にかっこいい!本当にかっこいいんです!!
                    そして、新しい彼女の一面も見れる気がしています。とても楽しみにしています。
                    そんなかっこいい!でも、かっこいいだけじゃない!!素敵な彼女をお楽しみに。


                    ココ最近の公演回数が鬼!バイタリティ溢れるちびっ子「宮本はるか」



                    今回はひとつでふたつ美味しい感じですよ。可愛くも強い彼女を見ることができます。
                    実は高校の同級生で・・・マエカブで一緒になるまでお話したことはなかったのですが、ね。
                    高校時代に客席から羨望の眼差しで見ていたことを思い出します。
                    そんな同世代でありながら、圧倒的なオーラをもつ彼女の生きざま是非見に来てください。
                    役者として共演することは多かったですが、演出として関わるのは今回が初めてでした。
                    この座組でしか見れない複雑な二面性を持った彼女に会いに来てください。


                    練習量ピカイチの鍛錬の塊!見た目と反して闇が深い「藤井みな」



                    彼女とも一昨年の『ひとでなしの恋』以来の演出としての共演となります。
                    彼女には独特の個性があって、それをうまく活かせれてるんじゃないかな、と思います。
                    役所的にはすごく複雑で裏表が激しすぎて、個人的にも追いかけれていない部分が多々ある中でうまく消化してけれています。
                    飄々としながらも内面には熱い思いがあって、それが彼女と役がうまくリンクしている感じがします。
                    数段レベルアップした彼女を楽しみにしていてください。




                    並んだらなんとて華やか!
                    衣装は繁中氏考案ですよー。


                    今週は最後の練習週でした。
                    最後の最後に紆余曲折し、みんなで落ち込んだりもしましたが、私たちは元気です。
                    昨日、最後の通しを見て『これはいける!』と確信しました。
                    あと少し……本当にあと少しのところまできています。
                    このメンバーでできる芝居は明日が最初で最後です。
                    絶対に面白いものになっています。自信があります。

                    いろんな「花散る」がありましたが、我々の座組はなんとて闇が深い気がします。
                    前のブログで脚本家の池上氏が言っていたように、なんとて暗い!でも、面白い!
                    というのを目指してひた走ってました。




                    4月3日(日)12:20〜
                    多度津町は桃陵公園でお待ちしています。
                    殺陣あり!踊りあり!そして、お花見もできる!華やかな女性だけのエネルギッシュな作品です。
                    カブコレの次の週で大変だとは思いますが、是非とも遊びに来てください。


                    美しくも儚い彼女達の運命を会場で一緒に感じていただけたら幸いです。
                    当日、多くのみなさんにお会い出来ることを楽しみにして、会場でお待ちしています。





                    ちゃっぴーこと三嶋孝弥でした。

                    ついに開花宣言!!

                    0
                      少しずつ春を感じる気候になってきましたね。
                      桜が咲いてお花見ができるのが待ち遠しいです。

                      ちゃっぴーこと三嶋孝弥です。

                      桜が満開の中で女性だらけの花散るを目指して日々、精進している最中です。


                      今日、福岡で桜が開花しました。
                      個人的にも桜は好きなお花でとても楽しみにしています。
                      色といい、形といい、あの控えめな感じがとっても好きです。和みますよね。

                      さて、そんなニュースを聞きながら嬉しい反面、心配にもなってきました。
                      何故か……それは……

                      「4月3日に桜が散っていたらどうしよう」

                      そのことだけが心配で仕方ない今日この頃です。
                      でも、花は満開の時はもちろん美しいけれど、咲く途中も散りゆく様も素晴らしいものです。
                      当日に桜がどのようなコンディションであっても最高のシチュエーションになることでしょう。


                      さてはて、そんなことを心配しつつも稽古は続いています。
                      怒涛の殺陣練習をしたりとかもしています。
                      外から見ていたらやっぱり殺陣って難しいなぁ、って思います。そんな中でも切磋琢磨しながら日々精度が上がっています。 私は殺陣が専門じゃないのでどうしても言語が不足していると感じていますが、そんな拙い言語を拾って自分たちで考えて、また稽古している姿は本当に頭が下がります。
                      文字通り傷だらけになりながら頑張っている彼女達を見ていたら、それだけでドキュメンタリー映像が作れるんじゃないか、と密かに思ってみたり……。

                      もちろん芝居の方もガンガン作っています。
                      1回だけ荒通しすることもできて、そこからまた完成したものを捨てながら新しいものを模索中です。
                      この「捨てる」という作業がなかなかやっかいです。どうしてもそこにしがみついてしまうので、意識して捨てるように務めるんですが、それがなかなか……。
                      でも、役者たちが完成したものを捨てて新しい物を見せてくれているので、本当に考えやすいです。

                      本当に微妙に微妙に変化しています。
                      でも、その微細な変化が大切だと思ったりしています。
                      その小さい物をいくつ積み上げて最後に大きな物にするのかが、現在の最大の難関になっています。


                      彼女達の熱気に私も負けじと食らいついている感じです。
                      本当にいい座組だし、絶対に面白い芝居になると確信しています。





                      今までいろんな花散るがあり、どれも個性豊かなものでした。
                      でも、それに負けず劣らずの物ができています。
                      カブコレの次の週になりますが、お時間ありましたら是非是非遊びに来てください。

                      一緒にお花見しながらお芝居を楽しみましょう!

                      | 1/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      others

                      mobile

                      qrcode