ニューワールドについて

0
    ども。

    去る11月20日に行われました、香川県の演劇祭にて、脚本、演出を担当させていただきました、池上です。
    ご来場いただきました方々、本当に、ありがとうございました!!


    この、福家ちゃんの
    "近所に有名人がやってきた感"

    好きです(=゚ω゚)
    はい。

    公演裏話的な話は、仁後さん、福家ちゃん、ハルさん(キャストの方々)が、みんな、書いてくれているので、今回は趣向を変えて、なぜ、台本を書いているのかと言うことについて、ほんの少しだけお話しできればと思います。

    とまぁ、大それた感じで書きましたが、まずは、今回の経緯。
    ハルさんが、仁後さんと福家ちゃんと殺陣芝居がしたいと言うことで、始まったかなと記憶しております。
    で、台本を書いてくれと依頼を受けまして、書くこととなりました。
    世界観を考えるのとかは、すごく楽しいのですが、自分の中にある世界を本に書き起こすことについては、いつもめちゃくちゃ苦労します…
    と言うのも、僕がそんなに台本を書いてないからだろうとは思うのですが。
    ただ、楽しい行為であることには変わりないので、今回も楽しみながら書かせていただきました。

    何か皆さんの心の中に少しでも引っかかったものがあれば幸いです。

    で、僕が台本をなぜ書いているのかと言うことについてですが、すご〜くざっくりと言うと、"自分が面白いと思うものを共有したいから"だと思います。
    マエカブという劇団が好きで、その団員と作る、どの作品もそれぞれの色が出ていて、面白い。そう思う中で、自分が面白いとより思うものをマエカブのメンバーと共に提供して、お客さんと共有したい。その上で、何か感じて持って帰ってほしい。そんなことを思っております。
    まぁ、それだけか?と聞かれたら、いくらでも理由は言えるのですが、なかなか大きい理由としてはそんな感じなのかなーと思います。

    今後のことは分かりませんが、また台本を書くことがあれば、宜しくお願い致します。

    役者だってやるよ!!

    以上、池上でした。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    others

    mobile

    qrcode