小屋を作る劇団員

0
    こんにちは、遠藤みかです!

    カブフェス終了から約10日。
    マエカブでは片づけもほぼ終わり、早速次の公演の準備に取り掛かっているところです。

    そんなタイミングではありますが、せっかくみやぶんが自身の小屋についてブログで触れていたので、その制作過程の写真をあげてみようと思います。

    そうなのそうなの。
    みやぶんの小屋(中二病おみくじ)は私が作ったのよ! 暇人じゃろ! 否定はしないよ!


    〜行程その1〜
    骨組みを作ります。

    マエカブ カブフェス 劇団

    100均で売ってるワイヤーネットですね。
    お金をかけたくなかったので家にあったものを使っていますが、ドームの部分(鉢植えとか入れてベランダに飾るやつ)は購入させてもらいました。


    〜行程その2〜
    布をかぶせます。

    マエカブ カブフェス 劇団

    何かの衣装の余り布と、シェヘラザードの時に使おうかと思っていたリボンを利用。
    布をかぶせただけなのに、一気に雰囲気が出てきましたね。
    まだ仮止めなのでアチコチをクリップで留めています。


    〜行程その3〜
    飾りをつけます。

    マエカブ カブフェス 劇団

    電球は完全に飾りですが、後ろの木製の格子枠はこれがなければ安定して自立しないので、必要不可欠なのです。
    カーテンはクリップで留めているだけなので、開閉自由です。


    〜行程その4〜
    看板をつけます。

    マエカブ カブフェス 劇団

    小屋だけでは何がなんだかなので、看板をつけました。
    …と、ここまで細かく写真をとっておきながら、何故か完成形の写真を取り忘れているので制作の行程を紹介できるのはここまでです(写真撮った気がするし、どこかで見かけた気がするんだけど思い出せないのです)。

    見た目はドーンとしているけど、作りは超簡単な「みやぶんの小屋」!
    作りながら「夏休みの工作の宿題をやってるみたいだなー」と思い続けていました。

    本当はここまでするつもりはなかったのですが、知らないうちに谷口継夏企画の「玉入れ」が思いのほか豪華な造りになっていたので、カッとなってやってしまった…。

    でも、カブフェスでは皆様に好評いただいたようで良かったです!
    おみくじを引いてくださった皆様、ありがとうございました! 報われました!


    〜オマケ〜

    当初はおみくじの結果と、そのオマケとして運気がアップする(かもしれない)パワーストーンのお守りチャームだけをつける予定でした。

    マエカブ カブフェス 劇団

    こんなん。
    これも私が作ったよ! ヒマ? 否定はしないよ!

    ところが、みやぶんの作ったおみくじの内容をなんとなくマエカブ役者が声に出して読み上げてみたらそれが面白く、せっかくだから音声を収録してQRコードもオマケにつけて、スマホやタブレットで聴いてもらえるようにしよう! という案が浮上してしまいました。

    それがカブフェス本番の…んー…10日前くらい?

    「今のこのタイミングでそれを思いつくか!」

    というタイミングではありますが、そこからもの凄い勢いで原稿を準備し、役者に無理言って協力してもらい、どうにかこうにか完成にこぎつけました。めっちゃ忙しい時期だったにも関わらず、手伝ってくれた皆様には感謝感謝…。今度からはもっと早く思いつきます…。

    印象的だったのは、

    マエカブ カブフェス 劇団

    収録の直前、一緒にご飯を食べる約束をしていた店に遅れていった私が見たもの…
    店の隅の方の席で、原稿を片手にブツブツ台詞を練習している池上&小川。

    まだ明るい時刻の店内で、

    「真の姿となった貴方が…妖精王の加護(インビジブル・ギフト)…覚醒し能力…」
    「水晶の内なる呼びかけに…時の狭間…」

    と呟いている様子は、狂気すら感じました。
    暗い時刻の店内でもイヤだけども。


    と、まぁ、みやぶんの小屋の制作過程はこんな感じです。

    これだけ書くと私が小屋しか作ってないみたいなのですが、毎度おなじみフライヤーとかとかも作ってましたよ!

    マエカブ カブフェス 劇団

    あと、パンフとかー、

    マエカブ カブフェス 劇団

    入場時にお配りしたPASSの台紙も作りました。

    マエカブ カブフェス 劇団

    シールラリー。
    シールラリー福引所の看板も作りました。

    マエカブ カブフェス 劇団

    実は私、元々POP職人だったので(デザインするだけではなく、パネルに貼りつけてカットしたり)久々にPOPらしいPOPを作れて満足です。


    そんな小屋からPOPまで作る劇団員の私ですが、次回マエカブ公演では久々に役者で参加します!

    久々と書いてはみたけど、6月のシェヘラザードと偽りの夜には出演していたので、4か月ぶり?
    これを久々と言うかどうかはおいといて…

    マエカブ 劇団 黒猫 四谷怪談

    仮フライヤーで申し訳ない。
    まだ正式なフライヤーができていないので白黒フライヤーですが、10月24、25日にヨコクラうどんさんで上演する『黒猫/四谷怪談』の四谷怪談の方に出演します。

    これは私がずーっと「やりたいやりたい!」と言い続けていたホラーだけの公演です。いつから言ってたかな…覚えてないくらいから言ってた公演、やっと実現できます。わーい!

    現在チケットはWEB予約のみでの先行受付中。間もなくチケットも販売開始となりますが、完全前売り限定制で、お席も各回30席と限られています。

    「ホラー限定」ということでニッチな公演になるとは思いますが、その分こだわりを詰め込んだ公演にできるんじゃないかなー…と思っています。こちらの公演にも、ぜひお越しくださいませ!


    かがわ文化芸術祭2015参加作品
    ◆2015秋ヨコクラうどん公演
    「黒猫」「四谷怪談(リーディング)」


    ●日時:2015年10月24日(土)15:00〜、17:30〜/25日(日)15:00〜、17:30〜
    ※上演時間約70分
    ※千秋楽(25日17:30回)は終演後うどんを食べながら懇親会(打ち上げ)がございます。
    別途1,000円(当日支払)でどなたでも参加可能です(要予約)。

    ●場所:ヨコクラうどん(香川県高松市鬼無町鬼無136-1)

    ●チケット:1,000円
    ※前売のみ。チケット当日販売はありません。

    ※お席の数が限られている公演です。確実にお席を確保するために前売チケットのご予約をオススメ致します。
    <WEB予約はコチラから>
    https://mailform.mface.jp/frms/mamen/nguj9860f0nn


    以上、遠藤みかでした!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    others

    mobile

    qrcode