みんな、ありがとー!!

0
    浮世の国から帰ってきました。
    アリス役のこだまです。なかなか社会復帰できずに困ってます。

    まずはご来場頂いた皆様には心からの感謝を。本当に本当にありがとうございました。
    少しでも何か琴線に触れるところがあったならば、幸いです。

    影の薄い主役でしたが、曲がりなりにも主役は主役。マエカブに入ってまだ半年も経ってない私が、いいのかなぁと思うときもありました。
    ていうかまぁ、最初は戸惑いましたけどね。二月中旬くらいだったかな、演出に「こだま、次の役名アリスだから」って電話かかってきて、正直なんで?!って思いました。
    「周りが濃すぎるから、こだまくらい薄い方が主役にいいんだよ」って言われたなんだか釈然としない嬉しさはずっと忘れないと思います…。
    三十路のアリスの考え方やら喋り方やら、自分に近すぎて、そのうち私ってほんとに夢も希望もない30歳なんじゃね!?とか思い始めるし。
    全然集中できなくって、みんなに迷惑かけた日も多々ありました。
    実は仕事終わりで岡山市内から坂出に通ってるので、稽古時間と稽古に行くまでの往復時間が同じくらいで、本当にしんどいなって思うときもありました。

    それでも、精一杯やろうって思えたのは、周りのみんなが素敵すぎたからです。

    ほんとなら、いつもお芝居が終わるたびに思います。
    私は何ができたんだろう。もっともっとできたんじゃない?

    でも、そんな卑屈な思いは今回は置いておきたいと思います(猛省はしてますよ…!)。


    みんなの真ん中に立って、素敵なみんなの演技を見てたら私はそれだけで嬉しくて仕方ありませんでした。
    どんだけ出来てないんだ自分って凹むのと同時に、一緒に芝居を作ってる素敵なみんなを見て欲しい。
    私の大好きな人たちをたくさんの人に見て欲しい。いつの間にかそう思ってました。

    五光のかっこよさ、赤白の巧さ、白黒(鶯もね)の可愛さ、猪鹿蝶の一生懸命さ、そして、浮世絵師と亀の生き様。
    更にはそれを支えるカス札たち。素敵な光をくれる照明さんに、シーンを盛り上げてくれる音響さん。
    縁の下の力持ちの受付さん。演出、助演出にも助けられ、アリスはなんとかアリスとして舞台に立つことができました。

    諦めないこと、夢を持ち続けること、周りのみんなを信じること。
    三十路のアリスさんはきっと悔しい思いをしながらも、少しずつ前に向かって歩いていくんだろうな。あなたに出会えて良かった。

    三年前の結成した時期のマエカブを私は知らないし、ていうか去年の合同公演が無かったら今こうしてマエカブにいることも無かったと思います。
    本当に、出会えてよかった。
    お芝居をしててマエカブに出会えたことは、幸せなことです。奇跡みたいに。
    アリスと出会わせてくれて、浮世の国のみんなと出会わせてくれて、本当にありがとうございました。

    さて。舞台上でのことは結構みんな語ってるので、バックヤード的な写真でも晒してみましょう。


    ぴっぴ飯を食べる花魁さま。日曜のお昼ご飯でした。みんなでうまうま!!


    なんか寛いでるイノシシとかつら被ってない鶴。みんなが和んでるの見るのが好きでした。


    髪の毛気にしてる月。


    と、お化粧中も小指意識な桜さん。
    アリスが芝居上でさん付けかつ敬語なのは桜さんだけなのです。桜さんの存在にアリスは助けられたんですよね。


    そして渾身の一枚。究極のお気に入り写真がこちら。

    鶴 対 道風 



    この二人に、アリスが親でよかったって思われたかったなぁ…。
    アリスは二人のことが大事すぎました。もう会えないのがとてもとても寂しい。役者としても役としても、この二人に心からの感謝を。



    そうそう、打ち上げでは桜さんことちゃっぴーのお誕生日もお祝いしました。
    みんな、桜さんのことが大好きなのです!!(どや






    そしてそして、今回で一つの区切りがつきましたが、マエカブはどんどん走って参ります!また、近いうちにお会いしましょう!!!

    萌えのつまった公演でした。

    0
      どうも、マエカブ衣装の真実です。
      今回の三周年記念公演で衣装を担当していました。
      浮世の国のアリスにご来場いただきましたお客様、ありがとうございました。

      この公演の衣装制作は、大変でしたが、とにかく楽しかった!!
      キャラクターがみんな濃くって、イメージが膨らむ膨らむ(笑)
      そんな中でも私のNo.1お気に入り衣装は鳳凰。



      袖の羽根は左右合わせて150枚を超えています。
      何気に重い衣装です。


      そして鳳凰ことはるが担当してくれた猪、鹿の衣装は可愛くて大好き!


      この衣装の原形がこたつ布団だったと誰が想像できるでしょうか。


      そしてこの尻は近くに来たら触らずにはいられない(笑)


      それに迫力ある衣装を作ってくれた浮世絵師ことあずにゃん。



      この花魁衣装は凄い。
      迫力あるし、似合ってる。


      そして衣装担当真実の推し札は鶴と道風。


      このシーンの殺陣がカッコ良すぎて!!

      いろいろ触発されてイラストを描いてしまいました(笑)


      鶴と、

      道風。


      話がそれましたが…
      衣装は大変なこともありますが、お客様に役のキャラを感じてもらい、役者さんのモチベーションを上げられるお仕事。
      やっぱり好きな仕事です。

      以上、衣装の真実でした。

      いかがでしたか、浮世の国は!(浮世絵師)

      0
        こんにちは。浮世絵師だったシゲナカです。
        このたびは株式劇団マエカブ3周年記念公演「浮世の国のアリス」にご来場くださりまことにありがとうございました。
        一日中雨かもと予想された公演日でしたが、団員の熱意が天に届いたか雨も絶妙に上がっていました。たくさんのお運びをいただけたこと、とてもとてもうれしく思います。

        それでは、公演の思い出を少し掘り起こしてまいります。めっちゃとりとめないですが、まとめようとしたらいつまでたっても書けないので。ご了承ください。

        とりあえず、浮世絵師がどいつだったのか。写真を一枚。


        覆面、自分ではチョーいけてると思ってやってましたが改めてみると不気味ですな。こいつが浮世絵師です。
        多くの方になんで覆面なん?て聞かれますが、化粧サボりたかったわけではなくて表現としてちゃんと意味があるんですよ。

        亀ちゃんの表情にご注目(なんか怖いもの見せられたみたいになってるけど)
        みなまで言うと野暮なので割愛します。

        演出さんに「覆面したいねん」て相談した当初は微妙な反応でしたが、わたしの挑戦を受け入れてくれて本当に感謝してます。
        舞台役者が顔を全面的に出さないとか、私が演出だったらしばいてるとこです。
        本当に難しい役でした。方向性も着地点も最後までずっとわからないままでした。
        伝えたいことはあるのに、表現方法がわからない。せりふ出す以外にできることをたくさん探しました。

        千秋楽でやっと腑に落ちることができたから、よかったなーって思います。


        大名の衣装(ていうか頭のやつ)作りましてん。
        超かわいくないですか?おじぞうさんみたいでしょ。素材は防音防熱に優れたウレタンです。
        つまり頭ばかりがくっそ熱い仕様となっております。井上さん、文句言わずに着てくれてありがとう。


        花魁の衣装も作ってましてん。これも役者の快適さは全力で無視した仕様でした。
        やっぱりカツラと大櫛に力を注いでいました。花魁さんと一緒に作った合作です。最近かぶりものブームなんだよね。
        でかい衣装は動き方もコツがいります。それを見事に着こなしてくれたかんちゃん、わたしはあなたを愛しています。


        市蝶さん。ものすごく器の大きな方だと尊敬しっぱなしでした。そしてエネルギーに満ち溢れてるナイスガイ。
        見てくださいこの躍動感と迫力、そして青二才には出しようのない色気。巨大な羽を背負ってなお迫ってくる本体(?)のパワー。舞台裏ではみんな拍手してました。


        わたしの推し札は牡丹に蝶です。本物のほうね。
        最後のせりふの「ありがとう」がかわいすぎてね。稽古で前から見た瞬間フォーリンラブ。
        かわいいよ、蝶。超かわいいよ。


        貼り付けたら横むいちゃった。
        やっぱ五光はかっこいいい!まみちゃんの腕が唸った衣装でした。照明浴びてる姿を見て胸が熱くなったくらいかっこいい。
        鳳凰の衣装、手縫いで羽毛(?)の調整してるの見たとき頭が下がりました。
        あとね、芒に月が背負ってる絵札も素敵なんですよ。立体的な絵柄になってて。細かい。芸が細かい。


        このぬいぐるみたちは、鳳凰役のハルちゃん作。
        完璧なフォルムですよ。猪も鹿もかわいすぎる。稽古中、団員たちから大人気でした。特に鹿のおしり。
        誰にもしばかれない日は無かったんじゃないだろうか。


        これだけたくさんの仲間がいるんだなぁって実感します。
        最初の公演は横一列で並びきれてたのにね。すごいなあ。
        マエカブで芝居を続けてこられたこと、ほんとうにほんとうにうれしく思います。

        この記事で使った写真は、スタッフとして力を貸してくれたゆまさんが撮ってくれた作品です。
        なんか、年々絶妙なタイミングを抑えた写真が増えてますよね。すごい。

        とりとめなさすぎてきたのでここらへんで終わっときます。
        いい舞台だったな。その舞台にたたせていただけたこと、心から感謝しています。
        そしていままで応援してくださった皆様に深く深く感謝します。ありがとうございます。


        お芝居は、その場に遊びにきてくださった皆様と一緒に作るものだと思っています。
        客席の皆様の空気まで、すべてがお芝居の成分です。
        これから、どんな舞台を作ることができるだろう、どんなふうに皆さんと時間を共有できるのだろう
        考えるとわくわくしますね。
        これからも楽しい時間を一緒に過ごせる機会があれば、とてもうれしく思います。

        それではまた。

        繁中




         

        ダンサー! ツバメ!! 小野道風!!!

        0
          ダンサー!


          ツバメ!!


          小野道風!!!



          またか!!
          また3役なのか!!

          という事で、本公演で3役演じることで毎度お馴染みの、池上諒です。
          先日は株式劇団マエカブ3周年記念公演「浮世の国のアリス」を御観劇下さり、誠にありがとうございました。
          皆様の温かい手拍子、笑い、声援のおかげで、無事に楽しく公演を終える事が出来ました。

          また、株式劇団マエカブは実は一人では何もできません。
          公演成功に向けて協力してくださった方々、本当にありがとうございました。

          皆様のおかげでこの劇は成立したと思ってます!!

          で!!

          ちょっと裏話…

          実はね僕、土曜日の公演の時、自分でも信じられないぐらい緊張してたんですよ。
          もぉぉ、こんな大きな役やらせていただける上に、それが3周年記念公演で、今までにない規模でいろんな事が動いていて、「失敗しちゃいけない失敗しちゃいけない」って思ってたんですよ。なんなら無事に終わる妄想して泣きそうだったんですよ。
          でもね、そんな時自分に言い聞かせる言葉があって、それは時間の問題なんですよね。
          これは、何でも時間が解決してくれる、とかそういう事じゃなくて、あと2時間後には笑顔で皆様にお辞儀してるはずだってことなんです。これだけ練習してきてて失敗するはずないじゃないですか。自分を信じて、何があろうと2時間後にはこの公演は終わっているのだから、全力で楽しんで、楽しませていかないともったいないじゃないですか!!って考え方なんですよ。そんな事考えてたら、大成功で終わった後の事まで考えて泣きそうになっちゃったんですがね…(^_^;)

          そんなこんなでなんとか個人的な課題は残しつつも、自分の現時点での全力を出せたと思います。
          観てくださった皆様に楽しんでいただけていたなら良かったです。

          あとあと、これ見てくださいよ!

          これ、鶴と戦っている時なんですけど、今回、殺陣演出の仁後さんと一緒にここの殺陣考えたんですよ!!
          自分が考えた動きを仁後さんが直して、一つの形にしていった感じなんですが、自分が考えた殺陣ってやったことなくて、すごい気合入れちゃったんですよね。
          そしたら演出の社長にもらった尺を大幅に超えちゃったり、殺陣つけるだけで3時間使っちゃったりしたんですけど…(^_^;)
          決まったらすごい気持ちよくて、このシーンは一番のお気に入りになりました♪

          と、何書けばいいんだとか思って書きだしたら、書きたい事がなんぼでも出てきて困っている池上さんですが、最後この写真だけは見ていただきたいです。


          ででーん!!

          この写真ね、一見なんにもないじゃんって皆さん思うと思うんですけど、裏方さんがたくさん写っているんですよ。
          もちろん役者の人もたくさん写っているんですけど、この写真からは、役者とか裏方とか分けないで、皆で一緒に一つのものを作っているって感じがするんですよね。
          皆で何かするってすごく楽しいですよね♪
          公演写真を一通り観ているとこの写真が出てきて、これすきだなーと思ったんです。
          で、どうしてもどこかで言っておきたくて、こんな所にはっつけちゃいましたよ。

          皆様、いろんな色を持った人がいろんな事をして出来た今回の劇、楽しんでいただけたでしょうか?
          僕は楽しかったです!!
          皆様本当に、ありがとうございました!!

          以上、ダンサー、ツバメ、小野道風役、池上諒でした。

           

          まちゅに鶴です

          0
            「松に鶴」役をさせていただいた高木です。


            株式劇団マエカブ3周年記念公演「浮世の国のアリス」無事に終了致しました。
            これもすべて観に来ていただいた皆々様、内部、外部のスタッフの皆様、役者の皆のおかげです
            本当に本当にありがとうございました。


            思い返せば約3か月前

            台本を渡され驚愕。
            ホントに自分のこの役をやり切れるのか・・・
            ここから苦悩と凹みの日々が始まりました。

            もともと馬鹿でふざけた感じのキャラが好きなんです。
            しかしこの「松に鶴」
            ニヒルでクールなナイト様、そして序盤から親変更で苦悩。
            そして殺陣は華麗。


            ・・・・・・・・・・んん??

            自分とはかけ離れているというか、もう物質が違います。

            最初の頃は
            「花は松、光札が一つ。松に鶴。」
            のセリフすら言えませんでした。
            酷い時は全部噛んでました。
            「花はまちゅ、光札がひとちゅ。まちゅにちゅる」
            意識すると余計噛みます。


            そんなやつが
            なんとか土曜本番、日曜リハ、日曜本番とやりきることが出来ました。
            打ち上げではなんとか持ちこたえましたが、帰ってからいろんなもの溢れました。

            最初にも書きましたがホントに観に来ていただいた皆々様、内部、外部のスタッフの皆様、役者の皆のおかげです。

            特に殺陣師の25さんにはご迷惑かけました。

            ここで首切られても文句言えないほどお世話になりました。
            これからもおねがいしますw


            とりあえずこの人と

            この人には参らされました。

            毎回違うショートコントと絡み方をしてくるんです。


            かくれんぼを私に振ってこないでいただきたい。
            いつもの自分ならやってただろうなあ。



            リハの時は大福を渡してみました。
            食ってたんですね。

            花魁は身体をベタベタ触ってくるんですが、リハでは尻を撫でられました。
            つか、脱がされるのかと思いました。

            なんか変なことばっか書いてるな。

            ただ言いたいことが多すぎて上手く書けません。
            相変わらず文章苦手です。
            そんなわけでダイジェスト







            あー、このシーンの殺陣好きだー。


            こうなって

            相打ちして

            こうなって

            こう。
            ガミやん、年寄りの体動かなさに付き合ってくれてありがとう。


            結構飛んでるなあ・・・


            すげえなこの写真!!


            写真の品評会みたいになりましたがこの辺で止めときます。

            なんせ自分が一番言いたいことは
            「ありがとうございます」
            これに尽きます。

            もっともっと綺麗に動けるようになりたい。
            もっともっとカッコよくキメれるようになりたい。

            もっと精進していきたいと思います。





            なんだかんだで一番好きなカットはこれです。


            あとなんで耳生えてんの?



            ありがとうございました!!!
            高木 康男


             

            光札がひとつ、桐に鳳凰

            0
              皆様、こんにちは。
              小川晴菜です。

              6月21日、22日
              株式劇団マエカブ三周年記念公演
              「浮世の国のアリス」
              にご来場いただきありがとうございました。
              そして、この公演に関わってくださった方々にほんとにうに感謝しています。
              私自身、団員、外部スタッフ、関わってくださった皆様みんなに支えられて守られて終えられた舞台だとすごく思います。
              わたしを立たせてくれて
              ほんとうにありがとうございました。



              なんだか舞台が終わって役が離れていく感覚が寂しいのでちょっと鳳凰のことをお話します。

              私は今回
              桐に鳳凰という五光札の役をいただきました。





              鳳凰は最初役をいただいた時「戦い好きの子供」と伺っていましたが
              練習や役作りを進めていくうちに
              親に影響されやすい、親に認めて
              もらいたい子供という面が見えてきて
              グッと役に近づくことができました。




              子供のころの親の存在ってめちゃくちゃ大きいですもんね!



              赤の花魁は戦を好むので戦いに勝って褒めてもらいたい、赤の花魁に認めてもらいたいという気持ちがあって
              それを軽くやれちゃうくらい五光札の力
              が強くて戦いを楽しむ鳳凰ちゃんなんですよ( ^ω^ )




              私にもそんな子供のころがありました。
              皆さんはどうですか?



              親に褒めてもらいたくてテストで良い点とろうと頑張ったり
              親に習わされた習い事など
              子供の将来のことを考えて習わせてくれたりとかですが
              度を超えるとその子の色を決めつけてしまうことになりますよね





              私、今27歳既婚者。
              まだまだ先のことにはなりますが
              子供が生まれたらー
              バレエ習わせてー
              剣道習わせてー
              宝塚にいれる!
              とか、、、
              冗談で旦那と話したりしますがw
              いけねぇいけねぇ
              子供の色を決めつけてしまうとこ
              だったよと気付かされましたww



              この浮世の国のアリスはほんとにいろんな人に向けたメッセージせいの高い作品だと思います。
              脚本の岡田さんすげーなってほんとに思います。


              ほんとうちの社長凄いんです!!
              しばらくついていきたいですねw



              あ、で、
              桐に鳳凰!
              衣装は我らがまみさん作!





              五光札の中で1番この世に存在しない鳳凰なので衣装もすごけりゃ
              (あのお袖両方合わせて約200枚ついてますw180枚から増えましたw)
              武器も凄いんです!!





              今回武器の提案をしてくれたのはカメ役のふけちゃんです。




              あの武器名前が「ジャマダハル」っていうんですが




              あたしあだな「はるぅ」っていうんですね。
              なんかのメッセージかと思いましたわ!
              おかげでしばらく「ジャマダはるぅー」って言われてましたw

              めちゃくちゃ嬉しげな顔で提案してきたふけちゃんが可愛かったのは内緒。

              で、作ってくれたのは
              去年の本公演「嘆きの剣、祝福の鞘と」
              のアーサー王のエクスカリバーを製作してくれた造形作家の山端篤史さん。





              見て!
              これ!
              超かっこいいのん!









              最初私ごときがそんな山端さんの武器を!恐れ多くて気絶するわー!な感じでしたorz



              ちゃんと桐も掘ってあるんです!
              細かいよね!桐に鳳凰の武器って感じ
              もうあたし買い取りたい!

              重さは信じられないくらい軽いです!
              マエカブ1脂肪ばかりのおデブちゃんな私でも扱えるよう軽くしてもらいました!

              それでも落とさないように
              手首でバンドして止めてあるんですが

              これは実はひとりで着脱できないのですw
              稽古中はみんなに助けてもらったり
              舞台中は
              お水飲む時とかは鶴や花魁に飲ませてもらったりしてました。
              ほんとにありがとうございました。



              ??

              稽古中に間違って武器を付けて出るとレモンケーキを受け取れないのに武器を付けて出てしまって口に咥えさせられた。
              ちなみにレモンケーキの代わりに出された緑の物体はのちの「つきやしゃ」の頭の盃。
              かじってしまったが大丈夫だったのかな?



              よく絡む赤の花魁と松に鶴とは
              芝居以外でも仲良くさせていただきました( ^ω^ )









              レモンケーキ、毎回一口かじって
              裏に置いてたら菖蒲のカスの浅井くんが食べてたりしてたそうです。


              そんな私の裏話でした。




              菊のカス改め…菊に盃

              0
                先日は、3周年記念公演「浮世の国のアリス」に、お越しくださり誠にありがとうございます。

                土曜日は ところてん

                日曜日は、だだスベリしてこの顔の


                菊に盃役の 新谷です。


                今回は、暖かいお客様のおかげで非常に楽しく本番を終える事が出来ました。
                色々、楽しかった事はあるのですが、千秋楽でのオープニングダンスの時、手拍子していただき自然とテンションが上がりましたwww

                いやぁ…やっぱり気持ちいいものですねwww

                あっ…


                ここも、気持ちいいですよwww

                これ


                からの


                これ!!www

                お客様も楽しんでいただけたら幸いです(≧∇≦)b

                これからも、マエカブは「お客様」「スタッフの皆様」「役者自身」皆が楽しめるお芝居をつくっていきますので、お楽しみにしておいて下さい!!


                最後に、お気に入りの中の1枚…




                間違いなく!!芒に月から衝撃波が出てます!!
                人は飛ぶものなんですwww

                多数のお客様のご来場誠にありがとうございます。

                片付けるまでが本番です

                0
                  公演が終わった後の週が仕事が楽な大江さんです。こんにちは。
                  公演前に楽になれよ!


                  先般は弊団の3周年記念公演「浮世の国のアリス」にご来場いただき誠にありがとうございます。
                  また応援してくださった皆様、スタッフの皆様、客演をご承諾くださいました坂出市長綾宏様、DJとんぷく様、テアトルローマン会長井上正浩様、その他本公演に係わっていただきました皆様方。
                  本当に書ききれないほどの数多くの方々に支えられ無事千秋楽を迎えさせていただきました事、感恩戴徳にございます。
                  感謝の念はつきませんがそれだけで400字詰め原稿5枚以上書いてしまいそうなのでこの辺りで区切らせていただきます。


                  さて、皆様、ご自身の推し札は見つかりましたでしょうか
                  ちなみに私の推し札は「桜に幕」です
                  キャラから衣装からもう何から何まで好きすぎるw




                  日付は変わり昨日は皆で片づけをしておりました
                  なんじゃこりゃ!?
                  大量のごみ

                  さすがに2日間公演するとお弁当のごみと栄養ドリンクのごみが多いw
                  ちゃんとごみは持ち帰って分別
                  来た時よりも美しく!

                  そ・し・て

                  なんじゃこのお菓子の数!
                  大物含めたらこの倍ぐらいのお菓子の数

                  これはご来場いただいた方々がマエカブ宛や個人宛などに持ってきてくださったお心遣いの品々
                  ご来場いただいた上にこんなにお心遣いの品を頂戴し劇団員一同本当に感謝の気持ちでいっぱいです

                  はいはい皆わけるよ


                  休憩も大事

                  花札やっておりますw
                  これはマエカブ1のギャンブラーとして負けられぬ!

                  結果は?対戦相手達の名誉にかけて伏せておきますщ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

                  パンパカパーン!!シロだよ♪

                  0
                    皆様、株式劇団マエカブ3周年記念公演「浮世の国のアリス」にご来場いただき誠にありがとうございました。

                    どうも浮世の国の案内人、白黒ウサギの白い方シロです(=゚ω゚)ノ♪

                    ↑パンパカパーン!

                    今回の公演は、マエカブの中でも最も大きな規模のイベントで、上手く出来るかどうか不安でいっぱいでした。

                    しかし、会場に入りセットが組まれるにつれ、出来るかどうかじゃなく、やるだけだ!と強く思える様になりました。


                    そして、いざ本番。
                    公開リハーサルも含めて3回のステージ全てで、お客様からの暖かい拍手、笑い声、声援を頂きました。
                    それに応えるように役者や裏方が全力をぶつけていき、今までで最高のパフォーマンスをお見せする事が出来ました(^-^)





                    日曜日、開演直前のアナウンスでこんな言葉を言ってもらいました。

                    「舞台が始まれば、皆様も浮世の国の住人です。」

                    アナウンスの子に、お客様が参加しやすい様に、お芝居が始まる前に場の空気を解して欲しいと急遽お願いしました。
                    その時、上の言葉を入れてもいいかとアイデアを貰いました。

                    なんて素晴らしい。ありがとう、動ける音響塩田くん♪

                    ↑貴重な塩田くんシングルショット

                    お客様も一緒になってお芝居を創っていってるというのを本当に強く感じた舞台でした。

                    これからもこのスタンスを忘れない様にしていこうと心に刻みました。

                    ↑拍手と声援に定評のあった「コケティッシュ桜の歌謡ショー」(笑)




                    さてさて、私は今回役者としてシロをやった他に、演出補佐としても関わらせて頂きました。

                    物凄く大変でした。
                    しかし、それ以上に楽しかったです♪

                    主にアリスを中心とした会話重視のシーンを担当しました。

                    燕がアリスに、恋心にも似た「守りたい」という思いを伝えるシーン


                    陰気で暗くて横柄な亀が、アリスと自分を重ねながら、それでも自分は夢を諦めて無いぞ!と強く訴え、そして奮起させるシーン。

                    どれも思い出深いです。
                    稽古の段階で時間があれば、何度も何度も何度でも!繰り返し繰り返し練習しました。
                    時には大きな声を出した事もありました。
                    そして、本番で一番の芝居を袖で観ることが出来、演出としてジンワリと胸が熱くなるのを感じました。

                    がんばってくれて、ありがとうと伝えたいです。

                    シーンと言えば、一押しはアリスが絵を描くシーンですね

                    ここは、私のお気に入りの一つ!
                    演出の岡田さんに「任せる!」と言われた時に、どうせなら今まで自分がやったことのない表現を使おうと思い立ち、あの形になりました。

                    役者で額縁を作り、その身体で絵を表現!

                    表現として上手く出来てたかは、わかりません。
                    しかし、楽しんで作れたのは事実です♪

                    結果的にそれをラストの蝶の羽を描く場面にも使っていただくことが出来、3周年記念の最後を彩らせていただいたのが光栄でした。


                    ↑このシーンの注目して貰いたい所は、あえて、主役のアリスと、メインキャラの五光札が背を向けてる所。
                    五光の背中には衣装さんが長い時間をかけて作り上げてくれた、花札の模様が入っております。
                    そこを揃って見せたかった。
                    そしてアリスの描いている後ろ姿。
                    お客さん自身が絵を描いている様に感じて頂けたら嬉しいです。

                    でも、あの瞬間を一番堪能していたのは、その6人がみんないい顔しながら音楽に乗っているのを見続けられた私かもしれないですね(笑)

                    アリスの最高の笑顔を筆頭に、ノリノリの桜と鳳凰、寝っ転がりながらみんなを見守る月、クールに決めてる癖に口元が笑ってるニヒルな鶴と道風

                    ああ、贅沢な画でした♪
                    その分、蝶の可愛い笑顔がお客様に笑顔を移してくれてたら幸いです


                    そしてもう一つのお気に入り・・・最も舞台袖のモニタに釘付けになったシーンは、
                    桜に幕の「花見でいっぱい!!!!」

                    さあ!皆様!御一緒に!!

                    「超気持ちいい〜〜〜〜!!!」

                    カーン!!


                    豪快!


                    爽快!!


                    大喝采!!!


                    毎度殺陣芝居に定評のあるマエカブの3周年記念の最後の大殺陣が、まさかのプロレス!!!!!

                    お客様の反応が大きかったのをいい事に、一発決まる毎に「っしゃあ!」って声を出してました(笑)

                    バカバカしいくらいのこのシーンもメッチャ本気でつくってくれる、役者とスタッフさんに改めて感謝!


                    自分たちが言うことではないのでしょうが、3周年記念公演は笑いあり、アクションあり、涙あり、感動ありの舞台になったのではないでしょうか。
                    涙と感動は実は私自身の事ですが(笑)

                    公演後の打ち上げで、計4回泣きました。泣かされました。
                    みんなが本気でがんばってくれて、それがお客様の前で披露できて、お客様と一緒に完成させる事が出来て、こんなに嬉しい事はありません。

                    全ては見に来てくれてる方達の為に。

                    きっとこれからも、本気で馬鹿やって、本気で泣く事を続けていきますので、どうぞ、皆様一緒に舞台楽しんでいきましょう。

                    ご来場と暖かい拍手に最上の御礼申し上げます。
                    本当にありがとうございましたm(_ _)m

                    2014/6/24 RIN


                    おまけ

                    集合写真だ、つってんのに出張るお馬鹿五光(笑)


                    ではまた、次のステージで♪

                    光札が一つ、芒に月。

                    0
                      ブログではお久しぶりです。
                      芒に月、副代表ニゴです。

                      さて、皆様のおかげで先日の三周年記念公演「浮世の国のアリス」も
                      大成功で幕を降ろす事ができました。

                      終えた今だからこそ、思うのです。
                      マエカブは本当に多くの方の応援に支えられているな、と。
                      本当にありがたいです。


                      さて、芒に月ですが…おや?
                      おかしいな。

                      他の役者さんが続々と写真を貼っていきそうな雰囲気だから
                      自分も負けじと貼りつけようかと思ったら…
                      使えそうな写真が…無い!

                      写真嫌いが災いしましたwww

                      何も貼らないのもアレなので…
                      月見で一杯の稽古動画なんぞをば。



                      こんな感じで殺陣を作っては動画に記録して、
                      役者、音響で殺陣の段取りを情報共有して稽古します。

                      これは割と初期の段階で録ったヤツですね。

                      実は、ですね。
                      僕は今回芒に月にキャスティングしてもらったワケですが…
                      メインの話には絡まない上、主人公たるアリスとは一言も話しません。
                      おまけにOPのタイトルシーン以降30分以上出番もなく、
                      とても寂しかったんですw

                      でもそれをある役者に打ち明けると、
                      あんなオイシイ場面があるのに贅沢言うなみたいに言われて。

                      次はメインに絡めるような、なんならメインの役をもぎ取ってやろうか、と。
                      そんな事を考えてます。
                      まだまだ若いもんには負けてられませんからねw



                      マエカブ次回公演も、実はやんわり水面下で話が進んでいます。

                      乞うご期待!

                      << | 2/7PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      others

                      mobile

                      qrcode