カブフェス「女は女」の、なんでだろう!

0

    前髪切りたい遠藤みかです。

     

    役(キャラ)として前髪を伸ばしている訳でも、切りに行く時間がない訳でもないのに、ただなんとなく「暑いから」という理由で放置しています。長くなった前髪を横分けにしてオデコ出してたら涼しくて…ああ、もう冬までこれでいいか、なんて思っているのです。

     

    でも急に思い立って自分で切っちゃうかもしれない。
    カブフェスの1日目は長いのに、2日目は短くなって現れるかもしれない。

     

    そんな自由きままな感じです。

     

    自由きまま、と言えば…カブフェスで上演する「女は女」!

    見てください、この写真の数々を。

     

    カブフェス マエカブ

    カブフェス マエカブ

    カブフェス マエカブ

     

    ごろごろしてたり、ソーメン食ってたり。
    なのにあくまで「稽古中の風景です」と言い切っちゃう辺り、謎のお芝居です。

     

    この作品は今年もカブフェスに出演してくださる(10日(日)のみ)劇団あおきりみかんの鹿目由紀さんの作品です。


    以前、ヨコクラうどんさんでシークレット公演として上演させていただいたことがあるのですが、そこから足したり引いたりして、さらにパワーアップしつつあります。

     

    どんなお話かというと、

     

    『部屋着姿の女子3人がお菓子片手にまったりとお喋りを繰り広げる、ゆるふわ系ストーリーです』

     

    と、私たち出演者の3人(宮本はるか、遠藤みか、藤井みな)は言っているのですが、演出の岡田は、

     

    『女3人が酒を呑みながら愚痴を言い続ける、生々しくも滑稽なお話です』

     

    とか言っちゃう。なにこの差。なんでしょうね。なんだろう! と思った方は、ぜひぜひカブフェス会場へ!

     

    9日(土)は10:30〜13:00〜、10日(日)は11:30〜16:00〜の1日2公演ずつ、いずれも槇の間という部屋で上演します。20分弱くらいの短めのお話だし、出演者の稽古風景見てお分かりのように、すっごく気軽に見ていただける作品です。


    …あ、女性はね!
    男性からは「なんか、辛くなってきた」ともっぱらの評判です。なんででしょうね!

     

    そんな摩訶不思議な「女は女」、お楽しみに〜。


    マエカブ演劇フェスティバル(カブフェス)の詳細はコチラから!
    http://maekabu.main.jp/kabufes/


    夏くれば 音がなるなる ひうんかく

    0
      個人的には夏の風物詩 カブフェス!!

      まであと約一ヶ月になりました。

      ブログ上ではお久しぶりです。橋本です。



      今回、カブフェスでは
      初のコラボ!
      香川の「株式劇団マエカブ」× 徳島の「劇団まんまる」

      県を越えた2つの劇団で2つのお芝居「音〜男子校版〜」と「音〜女子高版〜」を上演予定!!



      そんなこんなで週末は、互いに香川に行ったり徳島に行ったりして、熱くお芝居を作ってます!



      暑い中、男だけで芝居を作っていると、何かが熱くなってくるのか、


      こんな事になったり、



      こんな事になったり、



      熱さでやられたようにみえますが、これも面白い作品作成のため。

      演出の丸山さんの「カロリーを使う芝居をやれ!!」の指導のもと、作っていきます。



      カブフェスに「音」が流れる日まであと1ヶ月 !!お楽しみに!!

      暑いです

      0
        うだる暑さが続いてますね。
        どうも!
        9月のカブフェスで、4本の芝居に出ます宮本です。


        ・マエカブ×まんまるチームの『音 〜女子校版〜』
        ・東京チームの『彼の僧の娘〜高代覚書〜』
        ・マエカブチーム『女は女』
        ・一人芝居『そして、彼女は』
        やりたい!出たい!
        とほいほい手を挙げていたら、こんなことに。
        いや、楽しみなんですけどね。
        稽古楽しいし。

        しかしまあ、凄く贅沢なことをさせて貰えるなとも思ってます。


        違う仲間、違う演出、違う本。


        あとはただただ、見ていただける皆様にどの作品も楽しんでいただけるようにがんばるのみです。


        そうそう。
        これだけ作品が立て込んでると、台詞とか大丈夫なの?
        覚えられるの?
        とよく言われます。


        実はそんなに物覚えの良い方ではないので、毎回苦戦してます。

        特に掛け合いとかになるとからきし。
        文字だけではなかなかなので、ひたすら合わせて覚えます。 今日もみんなで台詞覚えしてました。
        @『音』チーム




        でも、1人で覚える作業も当然ある訳で、いろいろな方法で覚えます。
        中でも私の強い味方は彼。
        愛犬ボニーくんです。




        体を動かしながら覚えるのって定着しやすいとどこかで聞きました。
        だからもっぱら、彼との散歩中にセリフをブツブツ覚えてます。

        このなんとも言えないお尻を眺めながら

        今回も。
        頑張って覚えてます。
        そこから形に。
        整えて。

        あと一ヶ月ちょっと。
        ぜひカブフェス、おいでまあせー
        ?? ?(灬 ?ω? 灬)? ??

        音〜男子校版、本格始動!

        0

          今回はいつになくストレートに題を書きました。

          ご無沙汰です。田坂です。


          カブフェスまであと1ヶ月強となりました。これからどんどん情報が出てくるはずですので要チェックですよ!


          私は本公演終了後、他団体の公演2つに関わっておりました。スタッフとしての力と知識をどんどん増やしておりました。(関係者の方々本当にありがとうございました)


          さtr、今回のカブフェスは出演をいたします。

          (マエカブでは約1年ぶりの出演ですね)

          詳細は……スクリーンショットで!


          とまぁ、このような感じで今回、徳島の劇団まんまるさんとのコラボ企画です。

          音以外の情報は特設ページにアクセスしていただくとみられます。(http://maekabu.main.jp/kabufes/)



          さて、男子校版の演出は劇団まんまる代表の丸山さん!

          ↑何故かブレてしまってますが、まごう事なく丸山さんです。


          そこに集まった俳優陣も、まんまるとマエカブ半々です。



          この日はとにかく読みをとことんやりました。とことん。細かく指示を出していく丸山さんとそれに応えようと踏ん張る俳優陣の姿がそこにはありました。外も稽古場も暑いけど、負けないよう熱いものを作ろうぜ!といったかどうかは定かではありませんが、熱くつくっていく所存です。女子校版共々どうぞご期待ください!


          余談ですが、「劇団まんまるでよく出るダメ出しで、若い子が良く悩むダメ出し」に綺麗に悩まされている座組み最年少でございます。楽しい悩みです。


          カブフェス「オフィシャルグッズ」が誕生したよ!

          0

            マエカブが主催していながら今までなかった方がむしろ不思議だったくらいなのですが、マエカブ演劇フェスティバル(カブフェス)。開催5回目にしてやっと、オフィシャルグッズが誕生しましたー!

             

            カブフェス マエカブ

             

            どのグッズもカブフェスカラーの水色と黄色をメインに、涼しさの中にもパッションを感じられる、シンプルかつ大胆な仕上がりとなりました(それっぽい単語を並べた紹介)。

             

            さらに、カブフェスのキャッチコピーに「日本一ギュッとした演劇祭」というのがあるので、商品名にも「ギュッ」とか「ふわっ」とか「カチッ」などをつけて、カブフェスという世界観の統一を提案しています。カチッってなんだよ、って話ですが。

             

            TシャツはいつもカブゥTシャツを作ってもらっている会社に。タオルもカブゥタオルを作ってもらった会社に頼んでいるので、手触りの良さや着心地は保証付き!
            キーホルダーはすでに手元にあるのですが「かわいい!かわいい!」とマエカブ女子から大好評です。

             

            カブフェスTシャツを着て、肩からカブフェスタオルを引っ掛けて、パスケースにカブフェスキーホルダーをつけて(カブフェス会場内では、入場券代わりのパスケースを首から提げていただいています)、カバンはもちろんカブフェス缶バッジで飾って、極めつけは腕にカブフェスブレスレット。完璧ですね。完璧な浮かれ具合です。

             

            ただ…毎度のことながら、グッズには数に限りがございます。

            初日の9月9日(土)は準備が出来次第(12:00頃を予定)〜閉場まで。10日(日)は開場〜16:00頃までの販売を予定していますので、お買い求めはお早めに。申し訳ありませんがなくなり次第終了です。


            物販と言えば、昨日のブログでもご案内させていただいた「歌舞鬼の国のアリス」DVD/Blu-rayの販売も、カブフェス会場で行います。ただいま受付中の事前予約をしていただくと、お値段そのままで特典ディスクが付いてきますので、ぜひぜひご予約を。お待ちしております!


            カブフェスの詳細はコチラ
            http://maekabu.main.jp/kabufes/

             

            歌舞鬼の国のアリスDVD/Blu-rayの詳細はコチラから
            http://maekabu.main.jp/kouen/170520alice/


            夏の終わりは、日本一ギュッとした演劇祭「マエカブ演劇フェスティバル」で盛り上がろうー!

            怒涛のブログ更新ラッシュ♪ 遠藤みかでした!


            カブフェスだらけの三連休

            0

              怒涛のような三連休が終わり、ようやく平穏な日々が戻ってまいりました。

               

              こんにちは。連休前、同僚に「連休はどこか行くの?」と聞かれて「坂出市とか香川町とかに行くよ!」としか答えられなかった遠藤みかです。

               

              ちなみに香川町とは、私らマエカブの本拠地と劇団まんまるさんの本拠地のだいたい中心くらいにある場所でして、連休中日の16日はそこの公民館を借りて合同公演の稽古をしていました。坂出市はマエカブの稽古場があるところですね。

               

              「音」は今月の頭にオーディションを行いましたが、本格的な稽古は16日が初めて。配役発表から2週間くらいあったのでその間に台詞を覚えておいて、早速立ち稽古からスタートしました。


              特にまんまるのトニーさん(東條さん)が演じる役は物凄い台詞量で、特に前半なんてほとんど1人で喋ってるくらい。それでもほぼ完璧に台詞を入れてきている辺りさすがだなぁと思いました。カッコいい!

               

              カブフェス マエカブ

               

              最初に、自分が思う自分の役の立ち位置(物語を進行させる上での役割)を発表し、みんなの意見を摺り合わせながら役を作りました。

               

              あ、そうそう。
              このお話「女子高校生」のお話ですから(もう片方の男子校版は、当然男子高校生)。しかも学校が舞台なので、出てくる女子高校生役のキャストはみんな制服ですよ、制服! アラサーだろうがアラフォーだろうが容赦なく制服ですので乞うご期待!

               

              そんな具合に「音」の稽古をしていた16日ですが、同時にこの日は某夏祭りで上演する作品の準備&稽古も行っていました。久々に超ネタもの。懐かしい感じがします。

               

              三連休残りの2日は、どちらもマエカブ単体としてカブフェスで上演する作品の稽古を行っていました。
              「女は女(作:鹿目由紀(劇団あおきりみかん))」です。
              去年「株式劇団マエカブ短編演劇コレクション2」でも上演した作品で、宮本はるか、遠藤みか、藤井みなの女三人の会話劇(?)です。10分ちょっとの短めの作品ですが、なんか妙に体力使う…。

               

              カブフェス マエカブ

              ▲藤井みな、これでも稽古中です。

               

              マエカブとしては他に宮本はるか1人芝居の「そして、彼女は(作:長谷川彩(劇団さよなら))」も上演します。


              そう、お気づきでしょうか。宮本はっちんは「音」も含めると現在発表になっているだけでも3作品出演するのです。いつでもどこでもはっちんに会えるカブフェスですね。

               

              カブフェス マエカブ

              ▲早朝稽古で頑張る私達に社長が無理やり被らせたウ○コ帽子。許すマジ。


              ウ○コ帽子は被りませんが、カブフェス、ぜひお越しくださいね♪

               

              「マエカブ演劇フェスティバル2017(カブフェス)」

              日本全国から22団体が集結!
              国重要文化財指定の披雲閣を芝居小屋に変え、
              1日中つねに何かが"上演中"の、日本一ギュッとした演劇祭です。

               

              カブフェス マエカブ

               

              ●日程
              2017年9月9日(土)10:00開場(10:30開演)〜18:00閉場
              2017年9月10日(日)10:00開場(10:30開演)〜17:00閉場
              ※お好きな時間に入退場していただけます。再入場可。
              ※上演スケジュールは決定次第サイトにて発表します。

               

              ●場所
              香川県高松市:玉藻公園(史跡高松城跡)内「披雲閣」

               

              ●料金
              [一般]2,0 00円
              [高校生以下]1,000円
              ※チケットは2日通し券のみです。1日券はありません。
              ※カブフェスでは「おひねり制」を導入しています。詳細はサイトをご覧ください。

               

              ★お得な前売チケットは公式サイトから!

               

              【公式サイト】
              http://maekabu.main.jp/kabufes/

              カブフェス マエカブ


              カブフェス、はっじまるよー!

              0

                ご無沙汰しております。遠藤みかでございます。

                 

                5月の本公演後のマエカブ…表向きは大きな活動を行っていませんでしたが、ずっと裏では9月の「マエカブ演劇フェスティバル(カブフェス)」に向けて準備を進めておりました。

                 

                まだまだ公開できる情報が少ないですが、公式サイトも稼動しはじめ、そしてようやくフライヤーの入稿も完了しました。

                 

                カブフェス マエカブ

                 

                今年は参加団体の写真を入れることもできて、よりフェス感が増したんじゃないかと思います。
                おなじみの団体も、はじめましての団体も、どうぞよろしくお願いいたします。

                 

                カブフェス。

                 

                1年目は演劇だけじゃない総合芸術祭だったり、
                2年目には他県からも劇団を呼んで今の形の基盤が出来たり、
                3年目にはすっごいゲストもバンバンお呼びしたり、
                4年目には遂に2DAYSになったり、

                 

                色んな方の力を借りて、色んなことを試しつつ、なんとか第5回を迎えることができそうです。


                そもそも「2年に1回でいいかなー」と言っていたのが、今では毎年開催、しかも2DAYSになっちゃってるんですから、なにがどうなるか分からないものですね。

                 

                そしてですね、実は第5回目にしてようやく、カブフェスのロゴが出来ました!

                 

                カブフェス マエカブ

                 

                ずっと「ロゴあればいいなぁ」と思い続けていたのですが、なんのかんので時間を取ることが出来ず伸ばし伸ばしになっていて、5回目という区切りの今年こそ! と奮起してみました。

                さらにこのロゴを使った「カブフェス公式グッズ」みたいな物も用意していますので、お楽しみに!

                 

                さてさて。そんなカブフェス。
                演劇祭ですからね。マエカブだってお芝居しちゃいますよ!

                 

                「音〜男子校版〜」「音〜女子校版〜」
                作:平塚直隆(オイスターズ )
                演出(男子校版):丸山裕介(劇団まんまる)
                演出(女子校版):岡田敬弘(株式劇団マエカブ)

                 

                2016年の演劇大学inさかいでに参加していた方は「あっ!」って思ったかもですね。

                 

                参考ブログ:演劇大学inさかいで(3日間で短編劇)、そして。
                 

                演劇大学では「女子校版」のみでしたが、実はこの作品には「男子校版」もあるのです。
                そしてカブフェスではこの2作品を、株式劇団マエカブ×劇団まんまるのコラボで上演させていただきます。

                 

                カブフェス マエカブ

                 

                あのまんまると! マエカブが! コラボ!!

                しかも平塚先生の「音」が出来る!!!

                もうテンションあがりまくりです。やりたいやりたい言い続けといて良かった!

                 

                先日は第1回稽古(キャストオーディション)がありまして、何故かスイカ割りとかやってました。
                一応「割るか」「切るか」を社長が選ばせてくれて、多数決の結果、割ることになりました。
                満場一致だったのか、わりと割る派が多かっただけなのか、目をつぶって挙手をさせられたので私にはよく分かりませんが…。
                キャストの紹介とかも、また改めて行いますね。

                 

                カブフェス マエカブ

                 

                夏の最後の大イベント、マエカブ演劇フェスティバル2017!

                今回から導入した「e+(イープラス)」と、いつもの「WEB予約フォーム」でのチケット取り扱いはすでに開始しております。

                日本一ギュッとした演劇祭、カブフェスへの皆様のお越しをお待ちしております!

                 

                 

                マエカブ演劇フェスティバル2017(通称:カブフェス) 
                主催:株式劇団マエカブ
                公式サイト


                2017年9月9日(土)10:00開場〜18:00閉場
                 2017年9月10日(日)10:00開場〜17:00閉場

                ※お好きな時間に入退場していただけます。再入場可。
                ※上演のタイムスケジュールは決定次第公開します。

                香川県高松市:玉藻公園(史跡高松城跡)内「披雲閣」
                香川県高松市玉藻町2番1号
                ※アクセス便利!JR高松駅 徒歩5分、コトデン高松築港駅そば。
                ※お車でのお越しの場合は近隣パーキングをご利用ください。

                 

                [一般]2,000円 +おひねり制(★1)
                [高校生以下]1,000円 +おひねり制(★1)
                ※チケットは2日通し券のみです。1日券はありません。
                [チケット事前購入特典]前売チケットには玉藻公園への入園料が含まれます。
                ※未就学児は保護者1名につき2名まで無料です。
                →おひねり制(★1)とは?

                各劇団・団体の上演をご覧いただいた方から、観劇後に「お気持ち」をちょっぴりいただくシステムです。 おひねりの額に決まりはありませんし、ゼロでも構いません。あくまで「お気持ち」でどうぞ! 


                << | 2/2PAGES |

                calendar

                S M T W T F S
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                2930     
                << September 2019 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                profile

                others

                mobile

                qrcode